時間の中に流れるように身を置いて……

スウェーデン刺しゅう・無心に針を進めるとき

公開日:2021/08/15

5

針を持つときは、時間がゆっくりと流れていくようです。楽しみながらスウェーデン刺しゅうをしています。

スウェーデン刺しゅう・無心に針を進めるとき

中学生の時に始めました

スウェーデン刺しゅうは、中学生の時に授業で習いました。紺色の布に何色かの糸で刺しゅうをして、バッグの形に縫った覚えがあります。

なんといっても簡単な刺しゅうなのです。布目を数え、縦・横・斜めに糸を渡し、単純なパターンを繰り返すだけ。布目に針を刺していけば、いつの間にやら綺麗な図柄が浮き上がります。こんな簡単な刺しゅうに初めて出会い、糸の選び方次第でどうにでもなる変化自在の刺しゅうに夢中になりました。

それ以来、忘れていても何年かに一度の割合でまた手にするときがあります。

中学生の時に始めました

テレビを見ながらでもできる簡単さ

私はお菓子の空き箱に、糸を数種類、布と針を入れておきます。机の上ばかりでなく、テレビを見ながらでも刺していける簡単さで、心おきなく没頭できます。

いくつも、いくつも、違う図柄を刺しゅうしておきます。糸を替えたり、図柄を替えていくつも作り置きます。

そして気がのったときを見計らって、ミシンでポーチやカバンに仕立てます。

テレビを見ながらでもできる簡単さ

形あるものに仕上げると、刺しゅう自体も立ちあがってくるかのように、立体的に見え始めます。そこが物作りの楽しさなのでしょうね。

テレビを見ながらでもできる簡単さ

無心になれる時間

この忙しい毎日の中で、心を「無」にして過ごす時間というのは割合少ないのではないでしょうか。

誰よりも綺麗に作ろうとか、立派なものを作ろうとか、困難なものに挑戦しようとか、突き詰めることはもうすでに、これまでの年月の中でいっぱいやってきたあげくの今の年齢です。

今さらがんばる必要なんてないのですもの。布目を数えるだけで、糸の色を変えるだけで新しい世界が広がるのです。

私は何も考えずに刺していけるスウェーデン刺しゅうが大好きです。人の目も、評価も、出来ばえの善し悪しも、何も考えずに無心に刺していくその作業がとても楽しいのです。

無心に刺した割には出来上がると「へぇ~」と思うほど綺麗なのですよ。もちろん手前味噌ですが……。

無心になれる時間

さあ、布と針と糸を準備するだけで楽しい世界が広がります。始めてみませんか。

無心になれる時間

 

■もっと知りたい■

富士山の見える町で暮らす元気な67歳。半日仕事をし、午後はジムで軽く運動。好きなことは絵画を見ることと針仕事。旅先の町で買い求めた布でポーチやバッグを作っています。雨の土曜日は映画を観て、晴れた土曜日には尾根道を3時間ほど歩く。楽しいことが大好きです

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ