糖質オフ生活奮闘記(40)

食べ物の五性と梅雨の養生薬膳

公開日:2022/05/18

9

薬膳コーディネーターのさいとうひろこです。食べ物で忘れてはならないのは、その性質です。これを五性といい、西洋医学にはない、中医学独特の考え方です。寒性・涼性・平性・温性・熱性の五つになります。

食べ物の五性と梅雨の養生薬膳
サバの唐辛子味噌煮

食養生の基本、五性とは?

食べ物には、体の機能を促して温めたり、機能を抑えて冷やしたりする性質があります。「五性」は食べ物がもたらす作用に関わる5つの性質です。

  1. 寒性
    体を冷やし、発熱や炎症などに作用します。
    きゅうり・オクラ・なす・ごぼう・帆立等
  2. 涼性
    体をおだやかに冷やし、のぼせやほてりを改善します。
    トマト・レタス・セロリ・そば・すいか等
  3. 平性
    どちらにも偏らず、他の性質を緩和します。
    米・豆類・キャベツ・白菜・長芋等
  4. 温性
    体をおだやかに温め、気や血のめぐりをよくします。
    生姜・玉ねぎ・栗・シソ・鰻等
  5. 熱性
    体をしっかり温め、体の内側から冷えを取り除きます。
    胡椒・唐辛子・羊肉等

季節や体調にあった食べ物選び

暑い地域が原産の物や、暑い時期が旬の物は体を冷やす性質があり、寒い地域が原産の物や、寒い時期が旬の物は体を温める性質が多いようです。

これが分かると、季節や体調、体質に合わせて、毎日の食卓に生かすことができます。暑い季節やほてりやすい人は「寒・涼性」の食べ物をとると体調が整います。また、寒い季節や、冷え性の人は「熱・温性」の食べ物で、不調を改善できます。

梅雨の養生薬膳

五月末には梅雨に入り、湿度が高くなり、カビが生えやすくなります。五臓の脾は湿を嫌うため、働きが悪くなりますから、この時期は、脾の働きを高める事が重要です。

では、体を温め血のめぐりを良くし、利尿作用で余分な水分を排泄するお惣菜を作ってみましょう。

サバの唐辛子味噌煮

梅雨の養生薬膳

【材料】

サバの切り身4切れ  200g
唐辛子        1本
玉ねぎ        1/2
生姜         薄切り6枚
長ネギ        20cm
昆布だし       200ml
日本酒        大さじ3
みりん        大さじ2
醤油         小さじ1
味噌         大さじ1

【作り方】

1.サバの皮側に切れ目を入れる。

2.玉ねぎを1cmの厚さで半月に切る。

3.長ネギは3~4cmのぶつ切りにする。

4.唐辛子は手でつぶし、種も使用する。

5.鍋に昆布だしを入れて沸騰させる。

6.玉ねぎ、長ネギ、唐辛子、生姜の薄切りとその他の調味料を入れる。

7.サバは皮側を上向きに入れる。

8.沸騰したら、落とし蓋をして中火で10分間煮る。

糸唐辛子があれば、飾ると良いでしょう。糸唐辛子は辛くないので、辛味の苦手な方でも大丈夫です。

【食材の効能】

サバ  
糖質や脂質を効率よくエネルギーに変換し、疲労回復に有効なビタミンB2の宝庫。肺・脾の虚弱による慢性の咳・疲れ・無気力・腹部の張り・むくみ

玉ねぎ 
食欲不振・腹部の張り・下痢・消化不良・げっぷ・吐き気・胃もたれ・発熱・悪寒・胸・背・腹の冷え

長ネギ 
冷えによる胸・背部の痛み・腹痛 

生姜  
殺菌・抗菌・消臭・吐き気・咳・痰 

※参考資料
『薬膳コーディネーター講座・薬膳レシピ集』
『薬膳コーディネーター講座・食薬編』
『和の薬膳』
『和の薬膳便利帳』

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ