毎年恒例の「煩悩払いスイム」

50mを108回泳いで一年を締めくくりました!

公開日:2022/01/07

5

還暦スイマーのたちよみです。2021年も、毎年恒例の「煩悩払いスイム」を仲間と一緒に苦しみ? じゃなくて……楽しみました!

50mを108回泳いで一年を締めくくりました!

「煩悩払い108本スイム」って?

「煩悩払い108本スイム」って?
コロナ禍前に行われた108本イベント……今じゃあハイタッチはできません(泣)

20年ほど前からでしょうか。水泳仲間の間で年末に「煩悩払いスイム」を行う風習? があちこちで生まれました。

競泳の練習方法に「インターバル」というトレーニングがあります。休憩をはさんで決まった距離を何本か泳ぐというものです。

例えば、50mを1分サークルで10本泳ぐ場合。45秒で泳ぎ15秒お休みしてまた泳ぐ……を繰り返す練習です。

その練習を、年末には「108本」という煩悩の本数を泳いで一年を締めくくろうというものです。

25m×108本、50m×108本は通常スポーツクラブの大人のスイマーの仲間内で行われますが、中には100m×108本、200m×108本……に挑戦するつわものスイマーもいます。

通常のマスターズの練習では、えんえんと100本以上泳ぎ続けるようなインターバルトレーニングをすることはないのですが、水泳好きな仲間が集まる年末のイベントとして人気が高いのです。

私も「50mを108本泳ぐ」煩悩スイムに参加しました!

私も「50mを108本泳ぐ」煩悩スイムに参加しました!
同じレーンで泳いだ仲間たちと完泳記念にパチリ! 疲れ切っていますが達成感はバッチリ!

プールには横の長さ25mの短水路プールと、50mの長水路プールがあります。

2021年は12月初めに25mプールでの「50m×108本」の練習会、下旬に長水路の「50m×108本」のイベントに参加しました。

「何度も行うなんてどんなに煩悩の数があるの!?」ってところですが、1年間一緒に練習してくれた仲間やプールが複数個所あると、2度、3度と参加するスイマーもいるようです。

長水路会場のほうはスイマーの聖地「東京辰巳国際水泳場」で大々的なイベントとして行われ、私は1分サークルのレーンに入って泳ぎました。

60本過ぎたあたりで、腕や脚が疲労困憊でしたが、仲間と一緒に泳ぐと励まされて何とか完泳することができました。

好きなことを108回して年を締めくくれる幸せ♪

好きなことを108回して年を締めくくれる幸せ♪
25mプールで開催された108本練習会の風景

水泳大好き仲間と108本泳ぎ切ると、なんだかスッキリして一年を気持ちよく締めることができます。

ゴルフ好きな夫には「108本打ちっぱなしをしてみたら?」と勧めました。

フラワーアレンジメントをしている友人にこの話をしたら「108本の花を仲間と分けてアレンジメントをしたよ」と報告もらいました。

いろいろな趣味の世界で「煩悩払い」イベントを企てたら、楽しい挑戦ができるのではないでしょうか。

 

■もっと知りたい■

たちよみ

趣味も仕事も水泳、年齢別水泳大会に出場する還暦スイマーです。「100歳まで泳げる体と環境」を目指し、水泳の技術向上とトレーニングはもちろん、体力、筋力、コミュ力、財力など加齢にあらがう日々をお伝えします。私の趣味と仕事に欠かせないスポーツクラブライフは「楽しく、愉快に♪」がモットーです。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ