身近な生活の中で鳥の姿が安らぎを与えてくれる

鳥がくる庭

公開日:2021/03/09

12

普通の毎日の中でほっこりする時間、通勤途中の川沿いの鳥たちの姿に癒やされています。 よく見ると少しずつ違う特徴を持った鳥たちに出会えます。名前がわかったらもっと親しみが湧くことでしょう。

鳥がくる庭

通勤途中の鳥

ついにコロナワクチンの接種が始まりましたが、まだ世界的には落ち着かず、どこにも行けない日々が続いています。仕方がないのでひたすら仕事にいそしんでいます。しかし、そんな普通の毎日の中でも、心がほっとする光景がちりばめられていることが救いになります。

通勤途中の川沿いにはいろいろな鳥たちがいます。注意深く見てみると、同じように見えても少しずつ違うのがわかります。

通勤途中の鳥

この鳥はたぶん「オオバン」。お鼻のまわりが白いのが特徴です。遠い北の街から旅をしてくるのでしょうね。

「冷たい水の中で大丈夫なの?」なんてひとり言を言いながら歩きます。

先月の通勤途中でカワセミを見かけて、心拍数が上がりました。しかし、カメラを取り出す余裕がなく、飛び去ってしまいました。また会える機会を楽しみに待つことにしましょう。

工場の屋根の上では、大きなシロサギがカッコよく立っています
工場の屋根の上では、大きなシロサギがカッコよく立っています

大きなシロサギ

帰宅してからPCで鳥の名前を調べたらサギだと判りましたが、サギにもいろいろいることがわかりました。また、白い鳥を見るといいことがあるなんて書いているのもあって、少しうれしくなりました。

 

庭に来る鳥

我が家に小さな庭があります。真ん中にこんもりとした芝生の山があり、その上にミカンを半分に切って置いておきます。すると、どこからか鳥がやってきます。

メジロが二羽、寄り添っています。なんてかわいいのでしょう。

そっと、そっと窓越しにカメラを構えます。少しの物音でもすぐに羽ばたいて逃げてしまいます。

庭に来る鳥

あれ、あれ、また違う鳥がやってきましたよ。

この鳥はヒヨドリでしょうか。

ヒヨドリ

庭にやってくる鳥たちを愛でているうちに、鳥の名前を知りたいと思うようになりました。最近では、毎朝同じ時間にやってきます。こちらも、おこたらずにミカンを置いておこうなんて日課になっています。

コロナ禍でも、生活の中で小さな楽しみを見つけながら、がんばって乗り越えていきましょうね。

 

■もっと知りたい■

富士山の見える町で暮らす元気な67歳。半日仕事をし、午後はジムで軽く運動。好きなことは絵画を見ることと針仕事。旅先の町で買い求めた布でポーチやバッグを作っています。雨の土曜日は映画を観て、晴れた土曜日には尾根道を3時間ほど歩く。楽しいことが大好きです

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ