料理に目覚めた夫

夫の新たな才能

公開日:2021/03/08

14

コロナ渦でも特に変わることのない毎日のルーティーン。しいて言えば、変わったのは洗顔後の化粧水は時間をかけて肌に入れ込むことと大股歩きを意識したことぐらいでしょうか。そんな私に比べ、夫はかなりの変化を遂げました。

夫の新たな才能

夫の趣味

夫の趣味は、以前は付き合いでゴルフをするくらいでしたが、今は収穫のある釣りにどっぷりとはまっていきます。夫の趣味部屋になっている次男の部屋には、たくさんの釣り竿、仕掛け、そして工具があります。

コロナの前は静岡で定期的に釣りを楽しんでいました。コロナ渦の今、消耗品である仕掛け作りにいそしんでおり、釣りに行けないながらも仕上がりが楽しめているようでした。でも、さすがに1年近く釣る機会がなくなると、仕掛け作りにも飽きてきて……。

デザート作りに挑戦

デザートに挑戦

以前、気まぐれで焼き餃子を皮から作ったことがあり、そのときにもおいしくできて驚いたのですが、今回はムースを作りました。

作り方の動画を何本も見ては、自分なりに材料、作り方を選んでチャレンジ。レシピ通りに作ると甘めの仕上がりです。その後、砂糖や生クリームの分量を微調整しながら数回作り、家族が好む甘さ控えめの味に辿り着きました。

皆の喜ぶ顔がうれしくて、クリームブリュレ、タルトタタン、杏仁豆腐、マンゴープリンと次々に作って、ミニ試食会。私の大好物の杏仁豆腐もお気に入りのお店とほぼ同じ味で、感動しました。

次は高級店のメニュー

動画で十分に作れることがわかると、今度は横浜中華街の「彩香」の料理に挑戦。そこのエビマヨ、エビチリ、麻婆豆腐は家族皆が大好きなメニューです。それぞれおいしくなるコツをおさえて、ほぼお店の味に近い味に仕上がりました。私は練乳を入れ込んだエビマヨと山椒が効いた麻婆豆腐が気に入りました。本人はエビチリのエビのプリプリ感が気に入ったようです。初めての料理とはとても思えないほど完璧です。

調理家電も増えて

調理家電も増えて

デザートで生クリームを泡立てるのに、ついにはブレンダーまで購入していました。ですので、飾りつけもさらに本格的になりました。
料理はまったくできなかったはずの夫が、ここまでいろいろ作るようになり、本人が一番驚いています。道具と調味料さえあれば、お店でしか食べられないと思っていた料理が家庭でも味わえることがわかったと喜んでいます。

料理はボケ防止

料理はボケ防止

通常夕食の献立は冷蔵庫の中にあるものなどで三品ほど作ります。味・加工法が重ならないように短時間で、手順良く進行、そして同時に片付けも行います。効率的にできると、どちらもほぼ同じくらいに終わります。頭も手も使う最高のボケ防止です。

いつも同じような食材と調味料ではなかなか味の変化がつけにくいのですが、今回夫が購入した調味料やリキュールは中くらいの段ボール箱にぎっしり入っています。今度は私が味の変化を楽しみながら我家のオリジナルメニューを目指します。
まだしばらくはリクエストをすれば作ってもらえそうですが、できれば夫の新たな才能をこのまま伸ばしていく方法はないものかしらと考えています。

 

■もっと知りたい■

蒲池 香寿代

大分県生まれ。小学校の時に恩師の先生との日記を機に何かしら記録することが習慣になっていました。結婚後は家計簿日記と運動不足解消の体操が日課になっています。元気なうちに念願のキャンピングカーで日本全国を横断するのが夢です。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ