糖質オフ生活奮闘記26

パレオダイエット中のお正月料理

公開日:2021/02/01

5

ご馳走三昧の年末は無事通過しましたが、さらなる試練はお正月です。何しろパレオダイエット中ですので、ここで体重が増加しては元も子もありません。そこで糖質控えめのお節料理を、自分で作ろうと決めました。

パレオダイエット中のお正月料理

お正月は正念場

お正月は正念場

お正月は、いつもご馳走三昧で、後で決まって後悔するのですが、今回はパレオダイエット実践中ですので、そうはいきません。心して掛かりましょう。

振り返ると、結婚以来ずっとお節料理は自分でこしらえていました。それをお重に詰めて、元日に実家に持って行き、母のお節料理と交換して食べるのが習わしでした。

それが崩れたのは、父が亡くなったときでした。母が作る気がしないと言って、その年と翌年はみんなでホテルで食べました。今から13~14年前のことです。

その後、母がホテルに出向く元気もなくなり、京都の料亭から取り寄せたり、オイシックスやハルメクにお節をお願いしたりしました。

母が亡くなると今度は私が、お節担当となりました。気が付けば私も60代、全部作るのは大変で、きんとんや伊達巻や黒豆は自然食品店で買い、お煮しめやローストビーフや豚の紅茶煮などをこしらえました。

いつも思うのですが、市販のはおいしいですが甘いです。お正月くらいはいいかと、目をつむっていましたが、やはりそれはまずいので、今回は自分で作ろうと決めました。なにせお正月はダイエットの正念場ですから。

8年ぶりに拵えた黒豆・栗きんとん・伊達巻

まずは、前日から下準備が必要な黒豆から取り掛かりました。

黒豆(まじめに働き、健康に暮らせるようにと願って食べる祝い肴)
材料

  • 黒豆 150g

☆水A 1L
☆ラカントS(白砂糖の替わり)150g
☆塩 小さじ1/2
☆しょうゆ 小さじ2

  • 水B 200mL

下準備

  1. 豆をやさしく洗いし、ざるにあげて水を切る。
  2. ☆を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせる。
  3. 煮汁が熱いうちに黒豆を入れふたをし、10~12時間おいて黒豆をもどす。

作り方

  1. もどした豆の入った鍋を中火にかけ、煮立たせながらアクをとり、水Bを加えて弱火にする。
  2. クッキングシート又は、アルミホイルで二重の落とし蓋をし、更に鍋に蓋をして弱火で3時間煮る。
  3. 火を止め、蓋をしたまま常温で完全に冷めるまで余熱で味をなじませて完成。

煮汁が大量に残りました。粉寒天があるのを思い出し、温めて寒天を溶かし冷やし固めてみました。おいしい水羊羹が出来ました。

黒豆の煮汁で作った水羊羹
黒豆の煮汁で作った水羊羹


栗きんとん(黄金で財をなす、豊かな一年になることを願った一品)
材料 

  • サツマイモ 300g
  • クチナシ 1個
  • 国産栗の甘露煮 120g

☆みりん 大さじ1
☆水 大さじ1
☆塩 ひとつまみ

作り方

  1. サツマイモを1cm幅の輪切りにして、厚めに皮をむき、さらに十字に切り4等分のいちょう切りにする。
  2. 大き目のボウルにたっぷりの水(分量外)を入れてさらし、30分ほどおいてアク抜きをする。
    水に浸けてサツマイモのアクを抜く
    水に浸けてサツマイモのアクを抜く
  3. くちなしを横半分に切る。
  4. 1のサツマイモをさっと水洗いし、鍋に入れひたひたにかぶるくらいの水(分量外)とクチナシの実を入れ、火にかける。
  5. ひと煮立ちしたら、中火で15分竹串がすっと通るくらいまでゆでる。
  6. クチナシ、サツマイモをザルにあげ、水気を切り、くちなしを取り除く。
  7. サツマイモを鍋にもどし、木ベラで形がなくなるまでつぶす。
  8. 栗の甘露煮のシロップを加え、弱火にかける。
  9. 2~3分かけてなめらかになるまで、練り上げる。
  10. 栗を加える。


伊達巻(学業成就の願いが込められています)
材料

  • はんぺん 1枚
  • 卵 4個
  • オリゴ糖(白砂糖の替わり) 40g 
    ※ラカントSを黒豆で使い、足りなくなったのでオリゴ糖にしました。
  • みりん 大さじ2
  • 塩 ひとつまみ
  • オリーブオイル 小さじ1

作り方

  1. はんぺんはビニール袋に入れて、手でもみながら潰す。
  2. ボウルに1を入れ、オリゴ糖、みりん、塩を入れ混ぜる。
  3. 2に卵を1個づつ加え、なめらかになるまで泡立て器で混ぜる。

    なめらかになるまで泡立て器で混ぜる

  4. フライパンに油をひき、3を流し入れる。

    フライパンに油をひき、3を流し入れる

  5. アルミホイルでふたをして、弱火で10分焼き、ひっくり返して3分焼く。

    アルミホイルでふたをして、弱火で10分焼き、ひっくり返して3分焼く

  6. 巻きすの上に5をのせて巻く。
  7. 両端を輪ゴムで止め、全体をラップで包み一晩置く。

    両端を輪ゴムで止め、全体をラップで包み一晩置く

  8. 食べやすい大きさに切る。

お煮しめには、はちみつ大さじ2とオリゴ糖大さじ1を加えました。
ローストビーフはいつも作るのですが、今回はハルメクで購入しました。
紅白なますには、大さじ1/2のオリゴ糖を入れました。
京都の一の傳から取り寄せた紅白の味噌漬け魚(鮭・銀鱈)は焼きました。

元日はお雑煮とお節

元日の朝は、お餅1個入りのお雑煮だけにし、お節はお昼に夫と妹と3人でいただきました。どれも程よい甘さでおいしかったです。と同時に、市販品がいかに甘かったかを思い知りました。お昼に食べ過ぎて、夕飯は食べられませんでした。

翌朝体重を量りましたが、変わりませんでした。良かった。

志の春師匠は、3日に配信された「志の春新春落語劇場」で、一時10kg減りましたが、ただいま2kg増え、8kg減で落ち着いたと言っていました。体調良好、お肌つやつやですが、まだお餅は食べられないそうです。

「金森式」は厳重に炭水化物を制限するので、炭水化物がうまく処理できない体になってしまい、急に食べると爆発するのだそうです。パレオダイエットの場合は、8割方守れば良かったので、その点は心配要りませんでした。何事もほどほどと言う言葉が、ふと浮かびました。

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ