読めそうで読めない! 難読漢字で脳トレ

【難読漢字】のうう?違います「能う」の読み方は?

公開日:2021/04/03

5

「能う」「亜ぐ」「統べる」は何と読むかわかりますか? 難読漢字で脳トレにトライ!今回は、簡単な漢字、読めそうなのに読みづらい、そんな漢字を集めてみました。もちろん「のうう」「あぐ」「とうべる」ではありません。

能う

【能う】できる、適合するという意味です

最初にご紹介するのは、こちら。

「能う」

能う

技能、芸能、才能、能力などの言葉でよく知られ、日常生活でもよく使う「能」ですが「能う」は意外に読めない人が多いかもしれません。

『広辞苑』での意味を見てみると……

できる。なし得る。堪え得る。

適合する。

わかりましたか?正解はこちら!

「あたう」

あたう

「適う」も同じ意味で「あたう」と読みます。そして「能う」は「あたう」以外にも「よう」とも読み、「善う」「良う」と同様の意味になります。

 

 

【亜ぐ】「あぐ」ではありません

続いてご紹介するのはこちら。

「亜ぐ」

亜ぐ

「亜」は「あ」と読む漢字で、「亜鉛」(あえん)「亜熱帯」(あねったい)といった使い方があります。「亜細亜」(アジア)、亜爾然丁(アルゼンチン)、亜米利加(アメリカ)など、国や地域を漢字表記する際にもよく使われる漢字です。

「亜」には準ずる、2番目であるという意味があり、「亜ぐ」の『広辞苑』での意味は、次のようになっています。

そのすぐあとにつづく。連続する。

そのすぐ下に位する。

では、「亜ぐ」はどう読むでしょうか?正解は……

「つぐ」

つぐ

「次ぐ」と同義、「継ぐ」や「接ぐ」とも似た意味となります。

 

 

【統べる】まとめる、治めるという意味、どう読む?

最後はこちらの漢字です。

「統べる」

統べる

統一や統括、統計などで知られる「統」という漢字には「まとめる」「治める」といった意味があります。「統べる」も『広辞苑』で意味を見てみましょう。

個々のものを一つにする。別々のものをまとめる。

支配する。管轄する。

正解はこちら!

「すべる」

すべる


「総べる」も同様に「すべる」と読み、意味も同じになります。

 

文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)

 

■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ