読めそうで読めない! 難読漢字で脳トレ1

【難読漢字】「希う」の読み方。これはなんて読む?

公開日:2019/12/26

更新日:2019/12/28

318

「希う」は何と読むかわかりますか? 難読漢字で脳トレにトライ!新たに前向きな気持ちで迎えるシーンにふさわしい漢字の読み方を紹介します。

希う
「希望」の「き」のイメージ強いですが……

【希う】もちろん「きう」じゃありません!

新しい季節を迎えるにあたり、誰かのため、自分のためにいろいろと願いを託したくなりますね。

そんなシーンにふさわしい漢字「希う」。「心から希います」といった使い方をしますが、何と読むかわかりますか?

正解は…

「こいねがう」でした。

希う

広辞苑で意味を調べてみると

ねがいのぞむ。切に望む。

「希望」という言葉のインパクトがあり、その力強いパワーを連想させる「希」。

夢・自由・希望といったイメージが強い文字ですね。

 

もっとチャレンジ!難読漢字の記事一覧>>
あなたはどこまで読めますか?

【希】送り仮名が変わると、意味も読み方も変わる

「希」という漢字は、送り仮名が変わると読み方が変わります。

「希む」と書くと、どう読むか分かりますか?

正解は……

「のぞむ」でした。

希む

と読みます。一文字で「のぞみ」「のぞむ」など名前に使われることも多い漢字なので、こちらは簡単だったかもしれませんね。

 

続いてはこちら「希」。

一文字だけの読み方は、意外に知らない人が多いかもしれません。

正解は……

「まれ」でした。

希
「希」一文字だと意味が変わり…

めったにないさま。めずらしいさま。
まれ。珍しい。すくない。

「希に見る才能」といった使用例で、「希少(きしょう)」「希代(きだい)」「希有(けう)」といったよく耳にする熟語にも使われています。

【希臘】ちょっと難しいですが、アノ国の名前です

ちなみに「希」が使われている国の名前があることはご存じですか?

「希臘」と書いてどう読むでしょう?

正解は……

かなり難解ですが。「ギリシャ」です。

希臘

ヨーロッパ南東部の共和国で、バルカン半島南端部とエーゲ海の島々からなるあの国、オリンピック発祥の地でもある国、そう「ギリシャ」。

かなり難解ですが、覚えておくと一目置かれそうです!

さまざまな形でつかわれる「希」という漢字。意外な発見があったのではないでしょうか?

文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)


■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ