読めそうで読めない! 難読漢字で脳トレ

【難読漢字】果せる、肯う、肖る、何て読む?

公開日:2021.01.16

更新日:2024.01.22

「果せる」「肯う」「肖る」は何と読むかわかりますか? 難読漢字で脳トレにトライ!今回は、ポジティブな意味を持つ言葉に注目してみました。なじみがある人も多いかもしれませんが、意外に読みにくい3つの漢字をご紹介します。

【果せる】「はたせる」ではありません

最初にご紹介するのはこちら。

「果せる」

果せる

結果の「果」としてなじみのあるこちらの漢字。「果して」と書くと「はたして」と読むので、「果せる」も「はたせる」と読んでしまいがちですが、不正解。「果せる」もいわゆる「果たす」(はたす)と同様の意味で、『広辞苑』では、

しとげる。はたす。

という意味になっています。正解は……

「おおせる」

おおせる

動詞と組み合わせて使われ、「最後まで書き果せる」「重大な仕事をし果せる」といった使い方になります。

 

 

【肯う】肯定することを意味します

続いてはこちら。

「肯う」

肯う

「承知する」「承諾する」という意味で、「諾う」とも書きます。正解はこちら!

「うけがう」

うけがう

あるいは「うべなう」とも読むようです。

肯という漢字には他にも読み方がいくつかあり、

「肯えて」は「あえて」

「肯んずる」は「がえんずる」

となります。合わせて覚えておきたいですね。

 

【肖る】あの人のようになりたいという思い

最後はこちらです。

「肖る」

肖る

「しょう」と読み、「肖像画」「肖像権」といった言葉で知られている漢字です。肖像とは、特定の人物の容貌などをうつしとった絵や写真、似すがたのこと。

「肖る」は『広辞苑』によると

感化されて似る。物に感じてそれと同じようになる。特に、しあわせな人に似て自分も幸福を得る。

という意味になっています。正解はこちら!

「あやかる」

あやかる

「長寿の祖父に肖って長生きしたいものだ」といった使い方になります。

そして、他の人があやかりたいとうらやむほど幸せな人のことを「肖り者」とも言いますね。

文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)


認知症研究の第一人者が監修「まいにち脳トレ」

認知症研究の第一人者が監修「まいにち脳トレ」

「最近物忘れが多くなった」「集中力が落ちてきた」……。そんな方にぜひ見ていただきたいのがこの動画。認知症研究の第一人者で筑波大学名誉教授・朝田隆先生監修の脳トレ問題に毎日コツコツ挑戦して、脳を活性化させましょう。
>>動画を見る

■もっと知りたい■

ハルメク365編集部

女性誌No.1「ハルメク」の公式サイト。50代からの女性の毎日を応援する「観る・聴く・学ぶ・つながる」体験型コンテンツをお届けします。
会員登録をすれば、会員限定動画を始めさまざまな特典が楽しめます!

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ