ハルメク会社情報サイト
会社情報サイト

ニュースリリース

2020年7月22日 (PDF:1318 KB

シニア男女に聞いた「夫婦関係と生活に関する意識調査」

販売部数30.5部を誇る女性誌部No.1(※1)の「ハルメク」発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)生きかた上手研究所は、60~79歳の既婚男女600名を対象に「夫婦関係と生活に関する意識調査」をwebアンケートにて実施いたしました。

(※1)日本ABC協会発行レポート30.5万部(2019年7月~12月)

 

【調査サマリ】

 

■7割のシニアが夫婦関係に満足。しかし2年前と比較すると、「満足している」人の割合は女性では減少、男性は15%増加と男女で大きなギャップあり。

⇒配偶者に対して「満足している」と回答したのは全体の70.8%。2018年の65.3%より5.5%上昇。

⇒2018年と比べ、女性の満足度は3.1%減少、男性は15%増加と男女でギャップあり。

 

■コロナ騒動後に夫婦関係が「悪くなった」割合

「仲良し夫婦」は0.9%に対し、「不仲夫婦」は18.8%と大きな差

 

⇒コロナ騒動後の夫婦関係について「悪くなった」と回答した人は、仲良し夫婦0.9%。一方で、不仲夫婦は18.8%と大きな開きが見られた。

 

■「現在の家事分担に不満がある」と回答した人は、男性3.0%に対し女性26.0%

男女で、不満に思う人の数は23.0%もの差がある結果に。

不仲夫婦では女性の不満度がさらに高く、約半数が家事分担に不満を持っている。

⇒現在の家事分担に対し不満を訴えた人は、男性3.0%、女性26.0%と、23.0%のギャップがあった。

⇒不仲夫婦では、約半数にあたる47.4%の女性が家事分担に不満があると回答。

⇒家事分担の偏り・不満は、夫婦仲に良くない影響を及ぼすことが明らかになった。

 

■2年前と比べ「へそくり」がある人は約3割減。一方、平均へそくり額は563万円と、前回調査より127万円増加。不仲夫婦の平均額は1,000万円超え!

⇒自分だけの「へそくり」がある人は、27.0%。2018年の53.5%と比べ約3割減となった。

⇒平均へそくり額は2年前の調査と比べて、127万円増の563万円に。不仲夫婦の平均へそくり額は「1,023万円」で、2018年の平均「648万円」より「375万円」も増加した。

 

調査の詳細は、PDFファイルをご覧ください。

ハルメクWeb メールマガジン 美容や旅行など気になる話題が満載 「自分らしく」生きるヒントをお届けします