人生後半「新しいステージ」を輝かせるために#2

坂東眞理子|60代からを充実させる「老活」のコツ5

公開日:2023.11.03

更新日:2023.12.01

60歳で昭和女子大学学長に就任し、人生後半に向け新たな挑戦を続けてきた坂東眞理子さん。70代の今、必要なのは人生をしまうための終活ではなく、充実した老いを迎えるための「老活」だといいます。今回は充実した「老活」を送るコツをお聞きします。

坂東眞理子さん(昭和女子大学総長)

坂東眞理子さん(昭和女子大学総長)

ばんどう・まりこ
1946(昭和21)年、富山県生まれ。東京大学卒業。69年、総理府入省。内閣広報室参事官、男女共同参画室長、埼玉県副知事などを経て、98年、女性初の総領事(オーストラリア・ブリスベン)。2001年、内閣府初代男女共同参画局長を務め退官。04年、昭和女子大学教授となり、07年、同大学学長。16年から理事長・総長、23年から現職。06年刊行の『女性の品格』(PHP新書)は330万部を超えるベストセラーに。『70歳のたしなみ』(小学館刊)など著書多数。

コツ1:「いいこと」を思い出し、不機嫌の種を手放す

コツ1:「いいこと」を思い出し、不機嫌の種を手放す

(記事は2020年9月に取材したものです)

鏡に映った自分の顔を見て「あーあ」とがっかりしたり、自分にできないことをしている人を見て妬ましく思ったり、若い頃には難なくやれたことができなくなって落ち込んだり……。年を重ねると、不機嫌の種が山ほどあって、“ありのままの自分”の気持ちを素直に出していると、どんどん機嫌が悪くなっていきます。

ありのままの自分で機嫌よくいられるのは、よっぽどの聖人君子だけ。とりわけコロナ禍では気分が沈みがちですから、“ありのままでいい”という思い込みを捨てて、意識して機嫌よく一日一日を過ごすことをおすすめします。

自分を機嫌よくさせるために心掛けたいのが...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

ハルメク365編集部

女性誌No.1「ハルメク」の公式サイト。50代からの女性の毎日を応援する「観る・聴く・学ぶ・つながる」体験型コンテンツをお届けします。
会員登録をすれば、会員限定動画を始めさまざまな特典が楽しめます!

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

みんなのQ&A みんなのQ&A

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加