リモコンもキーボードも隙間汚れがピカピカに

【100均】スキマ掃除が簡単!汚れはくっつけて吸着

公開日:2022.03.13

更新日:2022.07.25

隙間に入り込んでしまう小さな埃はとても厄介で、なかなかかき出すことができません。でも「かき出す」から「くっつける」に考えをシフトさせると意外と簡単に掃除ができそうです。100均ダイソーの「ジェルクリーナー」を試してみました!

発想の転換!小さな隙間に入った埃をくっつけて取る

プニプニしているけれど、手にくっつくことはない

100均ダイソーのジェルクリーナーは、まるでスライムのようなプニプニした感触。形を自由自在に変えることができ、そのまま放置していると時間をかけて勝手に広がっていきます。でもベタベタはしていなくて、手にくっついてしまうことはありません。臭いもなく、色が手に移ることもなく扱いやすいです。

【活用法1】リモコンやパソコンのキーボードの埃が取れる

ジェルクリーナーを使う場面としては、パソコンのキーボードやリモコンが代表的。ボタンの隙間にゴミが入り込んでしまうのですが、取ろうと思ってもなかなか難しいですよね。下手に取ろうとすると壊してしまいそうなので、諦めてしまうことも多いのではないでしょうか?

埃がついた照明のリモコン

そこでジェルクリーナーを使ってみましょう。これは照明のリモコンです。

ジェルクリーナーを乗せてみます。指で押して隙間に入れるのもいいですし、重力に任せるのもいいでしょう。

その後はゆっくりと剥がしていきます。サッと取ってしまうとジェルクリーナーが切れてしまうことがあるので、あくまで「ゆっくり」が基本。

奥に詰まって黒くなった埃が取れる

そうすると黒い埃などの汚れが吸着されます。

もともとついている汚れは取れない

ただし、取れるのは埃や小さなゴミだけ。もともと付いている汚れは取れません(涙)。

【活用法2】加湿器フィルターの埃もきれいになる

加湿器のフィルターの埃

気化式加湿器を使う家庭は多いですが、フィルターに埃がたまってしまい、頻繁に掃除をする必要があります。掃除機で吸い取っていたのですが、思うようにきれいになりません。取り残しが出てしまうのです。このような場合にジェルクリーナーが便利。

フィルターにジェルクリーナーを付ける

フィルターにジェルクリーナーを付けて剥がします。

柔らかい埃が取れる

フィルターについている埃は柔らかいので、取りやすいです。ただ、角の部分は取りにくいので、何度かジェルクリーナーを押し当てて取ることになりました。

フィルターですが、筆者の家ではジェルクリーナーがくっつくことはなかったのですが、綿など素材によってはくっついてしまうかもしれないので、まずは狭い範囲で試してからの方がよさそうです。

【活用法3】洗濯機の隙間汚れにチャレンジ

洗濯機の隙間の埃

洗濯機は毎日使うので、汚れもたまってしまいます。でも作りが複雑だったり、手が届きにくいなどの理由で、掃除の頻度も下がりがちです。筆者の家は全自動の洗濯機ですが、どうしても奥の方に小さな埃がたまってしまうのです。これをジェルクリーナーで取ってみたいと思います。

ジェルクリーナーを押し当てる

ジェルクリーナーを押し当てます。

埃を吸着!

ゆっくり剥がすと、目立つ埃は取れていました。

角部分はブラシや綿棒で仕上げをしよう

でも角の部分にたまった埃は取れません。これはもはや埃ではなく「吸着した汚れ」なのでしょう。ジェルクリーナーで取れないので、綿棒を使って取ることにしました。

 

ジェルクリーナーは埃や小さなゴミをくっつけて取ってくれますが、頑固な汚れになると取れないケースもあります。とはいえ、掃除の際に邪魔になるのは細かい埃。これが広がってしまうと面倒なんですよね。まずはジェルクリーナーで厄介な埃を取り去ってから、細かい汚れの除去という順番でもいいかもしれませんね。

ダイソーのジェルクリーナーは、110円(税込)です。80g入っているので、小分けにしていろいろな場所で使うことができます。使い終わったら、そのままゴミ箱に捨てることができるので片付けも楽。お掃除アイテムの一つとして、取り入れてみてはいかがでしょうか?

もっと知りたい■

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加