物が多すぎて片づけられない人へ

二度と散らからない家にするための片づけ・収納ワザ

2020/02/10

39

物が多過ぎて収納できない、でも捨てられない……。家に物があふれ過ぎて、片づけられない人でも大丈夫! 不要な物を「捨てる・使い切る」仕組みで“物の循環”を維持する片づけ・収納ワザを、生活研究家の阿部絢子さんに教えてもらいました。

片づけ・収納ワザ

家事に「捨てる・使い切る」仕組みを組み込もう

片づけ

いくら片づけても気付いたら元通りに……こうした経験、誰でも一度はあるのでは? 

「その原因は、“物の循環”が悪いこと。人が食べることと排泄を繰り返しながら生きていくように、家も物を入れたら出すことが必要です。だから我が家では、物が循環するよう、日々の家事の流れに『捨てる・使い切る』仕組みをつくっています」と生活研究家の阿部絢子さんは話します。

「私は今73歳(※)。毎日元気に過ごしていますが、60代の頃よりは何をやるにも時間がかかるようになったし、瞬発力がなくなって、慣れた台所仕事もスピーディーにできなくなってきました。でも、70代になった今も快適な暮らしができているのは、物の循環を維持してきたからだと思います」※「ハルメク」2019年5月号掲載当時

衣・食・雑の「循環の仕組み」はこうつくる!

物の定量を決める

阿部さんがとりわけ大切にしているのが、「衣(洋服)・食(食べ物)・雑(紙類・雑多な物)」の循環です。動作が面倒にならず、いい循環を無理なく維持するには3つのコツがあると阿部さんは指摘します。

「1つ目は、物の定量を決めること。2つ目は、物の指定席を決めること。3つ目は、物が出し入れしやすいしまい方で収納すること。これらを維持できれば、部屋が物であふれることや散らかることはなくなるはずです」

この3つのコツを意識した、阿部さん流の片づけ方法をご紹介します。
 

衣の循環:着られなくなった服を入れるダンボールを用意

衣の循環

クローゼット前にダンボール箱を常備し、サイズが合わない、劣化した服を見つけたら箱の中へ。箱が満杯になったら封をして、衣類などを受け付けている寄付先へ送り出します。
 

食の循環:食材の置き場は小さく。無駄なく使い切る

食材の置き場は小さく

乾物や保存食品などの入れ物は「食べ切れる量」しか入らない大きさに。「ここから絶対にはみ出さない」という強い意志を持って管理。


雑(紙類)の循環:時間軸で管理し、過ぎたら即処分

時間軸で管理し、過ぎたら即処分

郵便物は毎日、新聞は3週間、名刺は10年と、紙類は種類ごとに処分時を管理。捨て時さえ決めておけば、滞らずに循環できます。

まずは「台所」から食の循環をつくる

物が循環する感覚を最もつかみやすいのが台所。「食べ切れる量」をベースに、以下の5つのポイントで食材が巡る通り道を整えます。

1.買ってくる→乾麺などの食材のストックは、引き出しに入る量までに限定

2.しまう→惣菜類の容器はすぐに処分。庫内には食べ切れる量だけ入れ、それ以外は冷凍を

3.作る→作り置き分も含めて多めに調理し、食材は鮮度が高いうちに使い切る

4.食べ切る→残した惣菜は卵とじなど、味を変えて完食。パンは粉にして鳥のえさに

5.捨てる→生ごみはふた付きごみ箱、パック類は紙袋に入れることでごみ出しをラクに

台所で絶えず出入りする食材を、阿部さんは「食べ切る」ことを軸に循環させています。

「大切なのは、必要量以上に買い込まないこと。買い過ぎるから管理し切れなくなり、やがては賞味期限切れで廃棄することになってしまいます」

冷蔵庫

冷蔵庫がいっぱいのときは新たな食材や総菜は買わず、家にある物を食べて循環させ、なくなってから必要な分だけ食材を買います。こうして食の好循環を保つことで、台所は散らからないのです。

その他にも食の循環を促すために阿部さんは、鍋を使い切れる数に絞る、水切りかごではなくマットを敷くなどの工夫をしているそうです。

押し入れの扉は開けっ放しに。不要な物はないか観察を

不要な物はないか観察

「片づけの目的は、時間と空間と物を生かす仕組みをつくっていくこと、それが私の持論です。毎日忙しいと片づけを先送りにしている人も、少し立ち止まって、自分の暮らしを見直してみてください」と阿部さん。

「物の置き方やしまい方には、その人の思考や感性が表れます。だからよく身の回りを観察し、不便さや違和感がないかを探します。これで得た気付きによって暮らしをアップデートすることで、押入れや戸棚の中がいつの間にか物であふれることも防げます」

物の循環を維持するためには、家の中のどこに何があるか、しっかり把握している必要があります。

阿部さんは「気付きの感度を高めるためにも、押し入れの扉は常に半分開けておきましょう。奥に何が入っているか観察することは、今の暮らしと向き合うことと同義です」とアドバイスします。

片づけられない人も「捨てる力」がつく5つの習慣

『捨てる力』

「そして、簡潔で合理的な暮らしを続けていくためには、『捨てる力』を身につけることが大切です」と阿部さんは言います。捨てる力とは、今の自分に不要な物が何かを判断し、それを手放す決断をする力のこと。

「私には無理……なんて心配はご無用。捨てる力は、練習すれば誰でも身につき、高めていくことができますよ」

普段は使わないのに「もったいない」と物をため込みがちな人は、以下の5つを習慣にしてみましょう。

・習慣1:今食べたいものをサッと思い浮かべる

・習慣2:今日、したいことは10分でもする

・習慣3:「今度」という言葉を何度言ったか数える

・習慣4:「何かに使える」「どこかで役立つ」を即実行

・習慣5:調理の後の片づけを10分以内に終わらせる

これらの行動が無意識にできるようになれば「捨てる力」が身についた証拠。今の自分に必要な物を無理なく厳選でき、探し物に費やす時間もなくなり、暮らしが快適になっているはずです。
 

教えてくれたのは…

阿部絢子さん

阿部絢子さん

あべ・あやこ 生活研究家・消費生活アドバイザー。家事全般や食品の安全性の専門家として活躍。薬剤師の資格を持ち、今も現役で働いている。
 

取材・文=大門恵子(ハルメク編集部)、撮影=有賀傑

※この記事は「ハルメク」2019年5月号に掲載された内容を再編集しています。


※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、50代以上の女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値がある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど、幅広い情報が満載。年間定期購読誌で自宅に直接配送します。https://magazine.halmek.co.jp/

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ