明暗の幅が広いグレーで大人の肌になじむ色は?

Tシャツの色選びに迷ったときは杢グレーがおすすめ

公開日:2022.07.03

夏に1枚で着たいTシャツは、シンプルなほど普段着っぽくなり、シニアには着こなしの難しいアイテムです。でもニュアンスカラーの「抜け感」が備わった杢グレーなら、色ムラがある大人の肌をカバーして、今どきの「こなれ感」コーデが可能になります。

季節によって似合い方が変わるグレー

季節によって似合い方が変わるグレー
愛用している3枚の杢グレーTシャツ

グレーは誰にでも似合う色と言われつつ、明暗の幅が広すぎて、どのグレーを着たらいいのか悩みます。

パーソナルカラーが「冬」の私はチャコールが似合うのですが、夏にはどんよりと重たいし、ライトグレーでは寂しい雰囲気。そこで杢グレー(もくグレ-)の出番です。加齢による肌のムラをカムフラージュする効果もあるので、サマーTシャツの主力カラーにしています。

杢グレーってどんな色?

霜降りグレーとも呼ばれる杢グレーは、英語ではHeather gray。イギリスの荒野に自生する植物「ヒース」の色に由来して、ぼやけて灰色がかった混合織りのことを言います。

白・黒・グレー、もしくはグレー・白を撚り合わせた糸で編まれることで、流行の「こなれ感」「抜け感」が演出できる、昔ながらのニュアンスカラーです。

杢グレーってどんな色?
杢グレー(Heather gray)

愛用している杢グレーTシャツ3枚

Tシャツのフォルムが多種多様化している今、私が愛用している杢グレーTシャツは3枚。どれも夏らしく明るいトーンの杢グレーですが、素材とデザインが大きく異なっています。

定番のクルーネックTシャツ

100年以上の歴史を持ち、快適なアンダーウェアだったヘインズ(HANES)のTシャツは、今やファッションのこだわり派に欠かせないアイテム。定番であるクルーネックの白は、シャツカラーからチョイ見せするのに着ることが多いのですが、杢グレーなら1枚でも着られます。

愛用している杢グレーTシャツ3枚
シンプルなクルーネックTシャツ(HANES

コーデはオーソドックスにデニムパンツと合わせるのがしっくりきます。リー(LEE)のペインターパンツにウエストイン。パールのロングネックレスをつけて、華奢なサンダルを履くことで、大人カジュアルに仕上げました。

愛用している杢グレーTシャツ3枚
デニムパンツと杢グレーTシャツのコーデ

オーバーサイズのニットソー

大流行しているオーバーサイズTシャツは、若い人たちとかぶらないよう、程よい落ち感のあるニットソーを選びます。ニットソーとは「ニット」と「カットソー」が組み合わさった服。サラサラして肌に張り付かない綿混素材なら、夏でも涼しく着られます。

愛用している杢グレーTシャツ3枚
サラサラ綿混素材のニットソー(SOÉJU

シニアがオーバーサイズを着るには、どこかに「きちんと感」を足します。センターライン入りの黒テーパードパンツには、ニットソーの前裾をつまんでフロントイン。白スニーカーを履くことで、若々しさをボトムアップします。

愛用している杢グレーTシャツ3枚
裾をフロントインしたコーデ

ショートレングスの7分袖

普通丈のTシャツは裾を外に出して着ると、お腹ポッコリが目立つ心配があります。体型をカバーするには裾が体から浮くショートレングスで、肘のシワ・黒ずみが隠れる7分袖ならもっと安心です。

愛用している杢グレーTシャツ3枚
ショートレングスの7分袖Tシャツ(coca

首筋を強調したボートネックにはネックレスをプラスして、ボトムスは水玉のプリーツスカートで大人可愛い雰囲気にします。靴はパンプスだと老け見えするので、グレージュのスニーカーを履いてクロスオーバーなコーデにしました。

水玉プリーツスカートを合わせたコーデ
水玉プリーツスカートを合わせたコーデ

還暦を超えた私がTシャツを着るときに心がけていること。

若い頃は洗いざらしをそのまま着ていましたが、今では面倒でもスチームアイロンを掛けています。シワが寄った服が顔のシワとリンクしないよう、老け見え防止の対策です。服は第二の肌ですから、手抜きはNGだと思っています。

 

■もっと知りたい■

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加