日々のスキンケアで美しく

スキンローションパックでもっちもち・ぷるぷるお肌に

公開日:2022/04/26

9

メイクアップアーティスト、ウェルネスビューティーアドバイザーの杉崎夕子です。まだまだ寒暖差が激しく、体やメンタル、そして同時にお肌も悲鳴をあげています。今回はこの時期のスキンケアとして、スキンローションパックについてお送りしたいと思います。

スキンローションパックでもっちもち・ぷるぷるお肌に

スキンローション(化粧水)の役割

スキンローション(化粧水)の役割

メイクを落として、洗顔をして、人によってはブースターをつけてから、スキンローション(化粧水)をつける方もおられると思います。それではスキンローションの役割ってなんでしょうか。

スキンローションは、その後につける美容液やミルクローション(乳液)、クリームの浸透を高めてくれると言われています。

例えるならば、ふかふかに整ったベッドの役割。ふかふかのベッドの上に毛布や掛け布団、羽毛布団などをかけると、よい眠りにつくことができますよね。

たっぷりとつけることは、お肌のコンディションを整えてくれるものだと私は考えます。まずはお肌の土台が整い潤っていないと、その後につけるものもうまく効果を発揮してくれないのではないでしょうか。

また、たっぷりとつけることでいい香りに包まれ、自分自身への癒やしの効果も期待できます。

スキンローション(化粧水)の役割
季節の変わり目は、お肌も悲鳴をあげています

お手軽な「スキンローションパック」

スキンローションをお肌につける時、ハンドでプッシュしながらつける、コットンに含ませてつける。私はどちらでもいいかなと思っています。

今回は、お手軽にたっぷりとスキンローションをつけられる「スキンローションパック」をご紹介したいと思います。

お手軽なローションパック
上:化粧水を含ませると、顔の形に広がるローションマスク用シートです

スキンローションのふたにシートマスクを落とし、そこにたっぷりとスキンローションを含ませます。シートマスクがひたひたになるくらい、ふた内が満たされるくらいたっぷりと。

以前、コットンに含ませ、コットンをさいてお肌に張り付けるやり方もご説明させていただきましたが、シートマスクならもっと簡単。含ませたら広げてお肌に張り付けるだけでOKです。

テレビを観ながら、こうして書き物をしながら、洗い物をしながらパック可能です。私は通常は5分程度のせています。

マスクを外したらお肌がもっちもちのぷるぷるに。ああ、うれしい♪ ああ気持ちいい♪ もっちもち、ぷるぷるお肌に触れると、自分で自分を癒やすこともできて最高です。

マスクに余ってしまったローションは、首とデコルテにまんべんなくつけていきます。こうすればもったいないが解決。ぜひやってみてくださいね。

シートマスクは、ドラッグストアや100円ショップ、ネットなどで購入でき、数多くの種類が出ているので、好みのものを探してみてくださいね。もしも可能であればオーガニックなものを使うと、人と地球に優しいかもですね。

まとめ

今回は、簡単にできるスキンローションパックについて書かせていただきました。

スキンローションの後は、美容液やミルクローション、クリームなども忘れずにつけてくださいね。

日々の積み重ねで5年後、10年後のお肌は決まってくると思います。ぜひおすすめしたいです。

 

■もっと知りたい■

 

杉崎夕子

メイクアップ・ビューティープロデュース・ウェルネスビューティーアドバイザー。
自然に身を委ね、マインドフルな生き方を大切にしています。スポーツしながらキレイになるをモットーに情報をお伝えしていきます。
instagram

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ