春を迎えるためのスキンケア&食生活

この時期のゆらゆらゆらめく「ゆらぎ肌」対策3つ

公開日:2022/02/28

10

メイクアップアーティスト、ウェルネスビューティーアドバイザーの杉崎夕子です。そろそろ、花粉症の症状が出始めている方もいらっしゃるのでは。この時期は、気分と同じくお肌も冬から春への準備中。変化しやすい「ゆらぎ肌」対策についてご紹介します。

この時期のゆらゆらゆらめく「ゆらぎ肌」対策3つ

冬から春へ、この時期のお肌の状態

冬から春へ、この時期のお肌の状態
梅の花も咲きはじめました。春はもうすぐそこですね

今日も朝から晩まで寒い一日でした。私たちのお肌も、「寒いね~。でも春がやってくる準備をしたいところだね~」と言っている時期。一年の中で、私は一番肌トラブルが起きやすいと感じています。

そんなこの時期は「ゆらぎ肌」。現れるお肌の症状についてまとめてみました。

  • 乾燥する

一年の中で、私はこの時期が一番乾燥が気になります。目元、口元、頬、そしてひじやももなどのボディ。乾燥でかゆくなってしまう方もおられるのではないでしょうか。

  • 吹き出物などが出やすい

春に芽吹く植物のように、この時期は吹き出物が出ることがあります。また、口内炎などもできやすいデリケートな時期。とほほ……。

  • ハリがない気がする

乾燥しているせいか、お肌にハリが感じられない気がするのもいつもこの時期。ボディラインのハリも気になりだします。

冬から春へ、この時期のお肌の状態
一年の中で、一番肌トラブルが出やすい時期です!

ゆらぎ肌への対策3つ

そこでこの時期は、こんな対策を取るようにしています。

  1. うるおいケア
    <加湿器>
    お肌と喉のうるおいケアのため、お部屋の中では一年中加湿器を使用していますが、この時期は特に意識して使用。湿度の設定を上げたり、かなりこまめにお掃除したり。

    寝ている間の加湿は、特に気を使います。たまにお水が切れていて朝起きると、お肌が乾燥していてびっくり。加湿器は手放せません。

    <ローション重ね付け>
    スキンローション三回転法」※では、加えて一回転めの量を増やすようにしています。土台となるスキンローションを、まずはお肌にたっぷり含ませることでお肌を乾燥知らずに。この時期はそれでも足りない! と思ったら、美容液などを重ねていますよ。

    ※スキンローションをたっぷりと一度のせて、浸透したらもう一度のせて、浸透したらまたのせて、と全部で三回転のせるケア。
    ゆらぎ肌への対策
    一にも二にもうるおいケア。こうして目をこすることも避けたいものです……
  2. 吹き出物ケア
    <油不使用>
    普段も家では調理に油を使用することはほとんどなく(揚げ物はしない、炒め物は油を使わないなど)外食する時のみ油で調理されたものを食べるようにしていますが、この時期はそれも控えています。

    <ナッツを食べる>
    また揚げてあるお菓子なども食べることをやめ、油はナッツ類で補うように。ストレスも肌トラブルに直結すると考えているため、ストレスを感じたらすぐに回避したり好きなことしたりして自分を癒やしてあげるようにしています。
    ゆらぎ肌への対策
    ナッツは美容にとてもよいとされています
  3. ハリケア
    <トレーニング>
    ボディ→毎日、簡単なヒップアップトレーニングや軽い腹筋をしていますが、引き締まった体になれるようさらにランジなどの動きも取り入れるようにしました。また、ボディミルクも全身に。眠る前、一日がんばった自分へのご褒美にと、自分で自分を労わるようにしています。

    <マッサージ>
    お顔→リフトアップのマッサージを毎日手が空いた時に行っています(テレビを観ながらなど)。コツコツがコツ。毎日続けることですね。
    ゆらぎ肌への対策
    ボディもお肌。いつもうるおっていると気分がいいものです

まとめ

一年の中で一番肌トラブルが起きやすい方には、本当につらい時期。加えて花粉症などの症状で、さらに乾燥やかゆみでお肌をこすってしまい、摩擦で肌荒れを起こしてしまう方も。たっぷり保湿、たっぷり栄養を心掛けて、素敵な春の準備をしてくださいね。

 

■もっと知りたい■

杉崎夕子

メイクアップ・ビューティープロデュース・ウェルネスビューティーアドバイザー。
自然に身を委ね、マインドフルな生き方を大切にしています。スポーツしながらキレイになるをモットーに情報をお伝えしていきます。
instagram

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ