マインドフルネス、この瞬間を大切にする生き方

「スペース」確保で取り戻せた本当の自分

公開日:2022/02/14

12

メイクアップアーティスト、ウェルネスビューティーアドバイザーの杉崎夕子です。今回は自分の中に「スペース」を作ることについてお送りしたいと思います。

「スペース」確保で取り戻せた本当の自分
女神と青空の美しさにパワーをもらって

ブームになった断捨離

2022年が始まったかと思ったら、あっという間に2月。寒い日が続いていますね。今回は、私が最近意識している言葉「スペース」についてお送りしたいと思います。

早いもので、長引くコロナ禍も3年目に突入しました。この期間、私自身たくさんの気づきがありました。

その中の一つに、世間でブームにもなった「断捨離」がありました。

おうち時間に、タンスやクローゼットなど自宅内のさまざまなものを片付け、整理。誰かに譲ったり、フリマサイトなどで売却したり、買取専門店に出したり、あるいは捨てたり。しかしまだまだ家の中を見渡せば「これ本当に使うの?」というもので溢れている気がしています。

ブームになった断捨離
まだまだコロナ禍の道は続くのかしら???

ふと耳に入ってくるようになった「スペース」という言葉

そんな中、最近になって「スペース」という言葉をよく耳にするようになりました。

ふと付けたラジオやポッドキャストからも、よくこの言葉を耳にするようになったり。ヨガの先生からもお話の中で「人はスペースがないと新しいものも入ってこない」とメッセージをくださったり。

ああそうか、きっと今また自分はスペースを作る時期なんだ、そう思い始めたのです。

ふと耳に入ってくるようになった「スペース」という言葉
自分の中にスペースがあれば流れる時間もゆったり。そんな時にハマっているお茶を楽しみます

私のスペース確保

コロナ禍であらゆる断捨離をしたつもりでしたが、なかなか整理できていないものがありました。それはこんなこと……。

  • まだある不用品

家にあるものすべてをさらに見直し、もう使わないと思うものは処分するようにしました。中には名残惜しいものもありましたが、ええい! 手放してしまえ! と処分することに。不思議と手放すと後悔ってないものなんですよね(笑)。ああ、もっと早くに手放せばよかった。

  • 人間関係

なかなか人に会えない、会いづらい時期に、自然とご縁が遠くなった方々っていますよね。それでもつながっていたほうがいいかもしれないと思う方々とは、つないでいたように思います。

しかし、人間的に合わなかったり考え方や価値観が違ったりする違和感……。それをつないでいるのは、とても苦しいことでもありました。今まではなんとかご縁をつなごうとしていましたが、それもやめることにしたのです。

すると新しいご縁がつながったり、過去に考え方や価値観が同じだった方々と運命のように再会。スペースができたことで、やはり必要なときに必要な人と出会うんだなあと実感しています。

  • 人にどう思われるかという考え方

今まで、人からどう思われるだろうか、そんなことばかりを考えていたように思います。

しかし、人にどう思われるかよりも、自分がどうありたいか。それを意識するようにしました。すると自分から発信するものが変わりました。

人にどう思われるかということは、相手次第の生き方。他人に振り回される生き方になってしまうと考えます。

自分はどうありたいかを意識することで、すべて自分軸。自分に自信が持て、強さや勇気を持てた気がしています。自分の人生を、他の誰かがなんとかしてくれるわけじゃない。人の目なんか気にしていられませんね(笑)。

私のスペース確保
友人の幸子さんが制作してくれたもの。自分らしく在ること
どんなときも大丈夫なんだと勇気をくれます

スペース確保によって得られたもの

こうして自分の中にスペースを確保できたことで、新しいご縁や新しい情報が近づいてきました。また新しいことに興味が沸いてきて、今までやったことがないこともやってみようかな思えるように。

何をするかと同じくらい、何をやめるかもとても大事。

これからも、常に新しい自分になれるように意識していきたいと思います。

スペース確保によって得られたもの
お花を育てることに興味が出たのも新しい楽しみ♪ヒヤシンス咲きました。うれしい!

 

■もっと知りたい■

杉崎夕子

メイクアップ・ビューティープロデュース・ウェルネスビューティーアドバイザー。
自然に身を委ね、マインドフルな生き方を大切にしています。スポーツしながらキレイになるをモットーに情報をお伝えしていきます。
instagram

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ