落語自由自在29

10日連続オンライン「文蔵組落語会」を楽しみました

公開日:2020/06/19

2

落語が大好きなさいとうさんの落語体験記。落語を聞いて笑うことが、さいとうさんにとって元気の源なのだそう。新型コロナウイルスの影響で、寄席が有料オンライン配信されています。今回は、10日間にも渡る「文蔵組落語会」をレポートします。

蔵組落語会

オンラインで文蔵落語会を満喫しました

5月11日から20日までは、本来でしたら3代目橘家文蔵師生が主任(トリ)で池袋演芸場に出演されるはずでしたが、コロナの影響で中止になり、10 日間連続有料オンライン生配信が開催されることになりました。

1回の視聴料は2000円ですが、私は兼好師匠がゲストだった第一回目を見たすぐ後に、文蔵組の組員になりましたので、10日間3000円で視聴することができました。

お得なので組員になった人が多く、現在は450名を超えたと聞いています。当初100名集まればと目論んでいたそうですので、これは文蔵組にとってうれしい誤算でした。組員は、首都圏の方が7割で、残りは地方在住の方ですが、遠方で行けないと諦めていた方々が喜んで参加されたようです。

また、子どもがいる方や、病気療養中の方も家で演芸が楽しめるという新たな発見をしたと、女流落語家柳亭こみち師匠もTwitterで呟いていました。こみちさんご自身も幼い2人のお子さんがいますので、そういうお客さんの気持ちが痛いほどわかったそうです。

中には春風亭百栄師匠のように、2000円払って視聴したという噺家さんもいます。1回2000円はオンラインにしてはお高めですが、それでも単発で視聴される方もかなりいて、毎回数百名は画面の向こうにいるとのことです。画質も音質もクオリティーが高く、めくり(演者名を書く札)もあり、お囃子や太鼓も生で演奏されます。つまり演芸場がそのままスタジオに再現されているのです。今回は、紙切り・漫才・太神楽・マジック・三味線漫談なども登場、豪華なラインナップに、毎日がお祭りのような素敵な10日間でした。

いよいよ楽日、10日間があっと言う間に過ぎ、ふと寂しさを覚える千穐楽(せんしゅうらく)です。本日のゲストは林家たい平師匠、色物はたい平師匠のお弟子さんで、三味線漫談の林家あずみさんです。

 

千秋楽に感じる落語の新しい未来

千秋楽に感じる落語の新しい未来

毎回繰り広げられる文蔵組長とゲストとのトークは、盛り上がります。たい平さんと文蔵師匠は、前座時代、文蔵さんが少し先輩で、よく働くたい平さんを便利に使っていたと言っていました。あの頃は前座が少なくて、一人で3人分くらい働かなければならなかったそうです。

ある日「牛ほめ」を習いに行くから一緒に行かない? と兄さんが誘ってくれて、帰りにラーメン屋で食事して楽しかったなあ……と、たい平師匠が思い出に浸ります。

最近は、庭に実ったジュンべリーを採ってはジャムを作って、瓶に詰めてラベルも貼っているそう。。そこに(ちりとてちん)と書くの? と文蔵師匠がチャチャを入れたりして、和気あいあいとしたトークに仲間っていいなあと思いました。

「磯の鮑」文吾
開口一番は、文蔵師生のお弟子さんの文吾さんです。2月の「横濱小せん会」に登場しましたが、にぎわい座では真ん中あたりの席でしたので、細かい表情は見ることができませんでした。今回はパソコンの画面ですから、よく見えますし、おまけにスクリーンショットもOKです。今まで噺家さんの撮影が許されるなんて、考えてもいませんでした。これも新しい生活なのだとしみじみ喜びを感じました。

「試し酒」文蔵

「試し酒」文蔵

近江屋の下男の久造は、大店の主人に五升飲んだら小遣いをあげると言われ、おあし欲しさにチャレンジします。お酒を飲む場面が何度もあり、それが見せ場でもあります。文蔵師匠の飲みっぷりは、ついこちらが見入ってしまうほど見事です。千穐楽にふさわしいすごい高座を見せていただきました。

三味線漫談 あずみ

三味線漫談 あずみ

数年前に練馬文化センターで見たのが最初で、その後何度か高座を見ています。暮らしに役立つ話は一切しませんと言ってから、関西には魔法の言葉があります。いろいろ話した後で「知らんけど」と言うと、責任を取らないでいいのです。

そういえば以前、虫コナーズのCMで長澤まさみさんも使っていました。あれは責任取らないという意味だったのですね。勉強になりました。

「井戸の茶碗」 たい平

「井戸の茶碗」 たい平

中野サンプラザで6~7年前に聞きました。正直者の屑屋(くずや)の清兵衛さんが、行ったり来たり翻弄させられますが、最後はハッピーエンドになる噺です。途中、屑屋さんが小遊三に似ていると褒められたと言ったり、高木様は昇太と言ってなかったかと、チョイチョイ小ネタをはさみ、6~7年前とはまた一味違った「井戸の茶碗」でした。

オンラインでもきちんとお金が回ることを証明した文蔵組は、緊急事態宣言が解除になった今後も、配信とリアルな会の両輪で行きたいそうです。

小朝師匠もブログで、チケットが完売した6月と7月の公演は中止になったと発表されました。理由はお客様同士が離れて座れないからだそうです。しばらくは、チケットをたくさん売ってはいけないことになっており、そうなると配信をしないと成り立ちません。いよいよ落語の新しい時代の幕開けです。

次回も引き続き、文蔵組落語会 をレポートします。
 

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ