落語自由自在23

落語体験記~よって たかって 新春らくご20~

公開日:2020/03/06

3

落語が大好きなさいとうさんの落語体験記。落語を聞いて笑うことが、さいとうさんにとって元気の源なのだそう。今回は、「よって たかって 新春らくご’20」のレポートです。古典落語、新作落語ともに長けた噺家・柳家喬太郎さんが登場します。

落語

柳家喬太郎さんが登場です!

「21世紀スペシャル寄席ONEDAYよってたかって新春らくご’20」に行ってきました。

まずは、噺家さんのご紹介からです。

「私の寄席情報の集め方~志の輔らくご 歓喜の歌~感想」でご紹介した志の輔さん、「春風亭小朝・林家たい平二人会」でご紹介した小朝さんに続いて、本日は柳家喬太郎さんです。

柳家喬太郎さんは、東京都出身で、平成元年に柳家さん喬に入門、平成5年二ツ目に昇進、平成12年(2000年)3月に真打昇進。高田文夫杯優勝・NHK新人演芸大賞落語部門大賞・国立演芸場花形演芸大賞受賞・芸術選奨文部科学大臣新人賞など数々の賞に輝き、2014年より落語協会理事を務めています。古典落語と新作落語の両方に長けていて、マクラの面白さでも定評があります。

また俳優としてもテレビドラマ「ちゅらさん」「昭和元禄落語心中」「なつぞら」他多数に出演しています。本日「よってたかって新春らくご20」では主任を務めます。

「初天神」三遊亭ぐんま

「初天神」三遊亭ぐんま

前座がマクラを長々とふったら叱られるよ! とご本人に忠告したいくらいでしたが、三遊亭ぐんまさんは白鳥師匠のお弟子さんと知り、納得。群馬県出身と盛んにアピールしてから、群馬名物を織り込む自由な発想の「初天神」。この後どうするのか、と心配し始めた頃に、ほどよい所で切りました。面白い「初天神」でした。

「時そば」三遊亭萬橘

愛知県豊川市出身です。群馬に続いて興味のない地名ですみません。で、まずは大きな笑いをとってから、北関東のとある街に行ったときの話になります。

「駅前にスローガンが書かれていて『犯罪のない街を目指そう』。いいことですね。その次に『自分の身は自分で守ろう』とあります。これって犯罪があること前提ですね。冬は寒いので、そばが食べたくなります」

と、いきなり不自然な運びで「時そば」に入ります。お蕎麦を食べるシーンが丁寧に演じられます。いつまで食べているのかな? と思った瞬間でした。「俺らの前でよく「時そば」なんか演るよなって、厳しい目で見ないでください」と、満席の観客に向かって突っ込みます。喬太郎師匠の得意ネタなんかやりやがってって、思っているんでしょう? 客席のリアクションに、さらに突っ込みを入れるやり取りに、みんなお腹を抱えて笑っています。そして斬新なサゲに唖然!?

「意地くらべ」春風亭一之輔

「最高の『時そば』でしたね。『今何時?』『4つ』『ギャー』これで降りちゃう。一切無駄なことは言わない。いいですね。いつ、むー、なな……無駄ですね。目から鱗です」と一之輔師匠が称賛すると、舞台袖から萬橘師匠登場。「いや、褒めているんだから」としきりに一之輔師匠は弁解、爆笑を呼びます。

「あのね、私に東出(昌大)情報は聞かないように。連絡先は知っていますよ。Eテレの番組『落語ディーパー』で一緒ですから。でも、今何か聞いたら、ネタにするなって思われるだけですから、とても聞けません」

おもむろに「意地くらべ」に入ります。この話は明治の終わり頃に作られた噺で、戦前まではよく聞かれたそうですが、今は演る方は少ないようです。善人しか登場しませんが、それでも話がこじれて意地の張り合いになります。今時、そんな人はいないなと思ったりして、途中でちょっと退屈してしまいました(笑)。
 

清水次郎長伝「お民の度胸」玉川奈々福  

「よってたかってシリーズに出演できる方は、羨ましいなって思っていました。今回呼んでいただいて、とてもうれしいです。私は、浪曲ですが、ついこの間までジャニーズのABCZの戸塚さんと一緒に『阿呆浪士』というお芝居をやっておりました。演出はラサール石井さん、私は狂言回しでした。12月の初めからお稽古に入り、ずっとそれにかかりっきりでしたので、今日は久々の浪曲です」

と、客席を見渡してから、子どもの頃よく耳にした「旅行けば~ 」のお馴染の節が始まります。廣澤虎造さんの次郎長伝、幼い頃ラジオからよく流れていました。懐かしくて、思わず聞き入ってしまいました。

「任侠流山動物園」柳家喬太郎

よってたかって新春落語

さて、本日のお目当ての柳家喬太郎さんの登場です。

「新春て言うけど、もうとっくに正月気分ではないですよね。寄席の世界では20日までは、お正月と言っていますが、それもとっくに過ぎているしね。地方に行くと2月半ばに、初笑いなんて言うのもあります。心配になりますよね。1月半も笑っていないなんて、どんな辛い思いをしていたのかと……」

演目は古典をじっくりかと思っていましたが、「任侠流山動物園」でした。動物を擬人化して、入園者の少ない動物園を自分たちで何とかしようとする噺です。清水次郎長伝をベースに作られた新作落語でもありますので、奈々福さんの後に相応しい演目でした。最後に浪曲を唸ります。

「トラが大きな口をあけ~……ちょうど時間となりました~。三遊亭白鳥作『任侠流山動物園』お粗末」笑いました。場内から「ありがとう」の声が掛かりました。楽しい高座をありがとうと、私も心の中で叫んでしまいました。

 

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ