みなみ信州歴史散歩

ちはやふる 神の神坂に 行ってみる

公開日:2023.11.26

晴天の続いた10月のある日、長野県下伊那郡・阿智村方面を歩いてみようと思いました。歴史ある阿智村・園原です。お天気と野の草花に誘われて、初めて【神坂神社】に向かいました。

歴史ロマンを感じる園原

東山道の難所だった神坂峠を越える旅人のために、最澄が無料の宿泊所を建てた場所が阿智村・園原です。まさに『福祉の始まり』とシニア大で学びました。

♪尋ねまほしき 園原や♪と、長野県歌・信濃の国でも歌われています。その歴史は古く、資料によると古事記・日本書紀・万葉集・枕草子・源氏物語など数多くの古文学に登場しているそうです。

『ちはやふる 神の神坂(みさか)に 幣(ぬき)まつり 斎う(いわう)命は母父のため』・万葉集

『帚木の 心を知らで 園原の 道に あやなく 惑いぬるかな』・源氏物語 帚木(ははきぎ)の巻・光源氏

帚木(ははきぎ)は桧の老木で、その先が広がって箒(ほうき)のように見える→帚木と言われた。遠くからは良く見えるのに近くに行くと、わからなくなると言われてきた。平安の昔から枕詞として、良く知られているそうです。

歴史ロマンを感じる園原

神坂神社に向かう

神坂神社に向かう
説明看板

春は<駒つなぎの桜>を見に出かける人、写真を撮りたいマニアで混雑している道の先に神坂神社はあります。

最初は<駒つなぎの桜>の辺りまで歩こうと思っていました。

神坂神社まで1.7kmとの表示を見て、ゆっくり歩けば大丈夫と、行きはウォーキングコースです。初めての神坂神社まで歩くことにしました。

神坂神社に向かう
駒つなぎの桜 2023年10月12日​​​​​​

駒つなぎの桜から、道は分かれウォーキングコースへ。

名のない草はないというけど

ガンピと思われる花がいくつか咲いているのを見ました。ナデシコ科で6月頃咲くらしいけど?

名のない草はないというけど

植物も間違えるのかな? 家でも寒菊がとっくに咲き始めている。など思いながら歩きました。そして目にとまる植物の名前を、ほとんど知らない事に気が付きました。

『誰? どうして、ここに? 今咲くの?』と問いかけながら歩きました。

名のない草はないというけど

アザミのようでもアザミじゃないみたい。

名のない草はないというけど

小さい小さいお皿に豆粒1つ。今まで知らなかった、植物にその都度驚きました。

名のない草はないというけど
何これ? 小さい花がこれから咲くのかしら

名のない草はないというけど

金平糖? 和菓子のような花、青い球、初めて出会った植物です。見たことがあっても関心が無かったのかもしれません。

名のない草はないというけど
一面に青い球が
名のない草はないというけど
良く見る野草も特別に見える

名のない草はないというけど

野菊の種類? 1cmほどの小さな花、こんなに小さいのは初めてです。

名のない草はないというけど
金水引かな?

とし古さんではないけど、牧野先生ならどれもすぐわかるのでしょうね。

これは、そよごでしょうか。いろいろな秋の実が赤くなりました。

名のない草はないというけど

自然のまま虫食いだらけでも、なぜか神々しい!

名のない草はないというけど
ガマズミ
名のない草はないというけど
ヘビジャクシ(マムシ草)

ヘビジャクシ(マムシ草)や、ガマズミは秋色に輝いていました。

名のない草はないというけど
色付き始めた柚子? 良い香りが漂っている

ウォーキングコースには見晴台がありました。

名のない草はないというけど

そこから、中央道のトンネルが通っている網掛け山が見えました。

名のない草はないというけど
中央奥に網掛け山が見える

初めての神坂神社で巨木に驚く

初めての 神坂神社で巨木に驚く
初めての神坂神社

長い緩やかな自然石の階段の先に、神坂神社が見えました。

初めての 神坂神社で巨木に驚く
左右に巨木が

自然の力、圧倒的な木の迫力!! スゴイ、思わず叫び声をあげました。

初めての 神坂神社で巨木に驚く
トチの木 御神木の日本杉

大きな木がたくさんある中、白と黒に見える左右の巨木。怖ろしいくらい、ひときわ大きい!

近寄って行くと、黒く見えた左側はトチの木。天狗の葉団扇みたいな大きな葉が、落ちていました。右は日本杉・御神木と説明があります。

初めての 神坂神社で巨木に驚く
御神木・日本杉

明治25(1892)年に倒れた対の1本の年輪が2000年以上あったと記録があるため、2000年以上の樹齢と言われています

トチの木は、阿智村の村木だそうです。

初めての 神坂神社で巨木に驚く
トチの巨木
初めての 神坂神社で巨木に驚く
トチの実・中央は皮がついている

お参りを済ませ、この2本の巨木に圧倒された帰り道、落ちていたトチの実を拾ってきました。昔食糧難を救ったとか、トチ餅を作り食べたと聞きました。

■もっと知りたい■

渡来夢

美しいものに触れたいとの思いから美術館に行ったり、植物を育てたり、きものリフォームなどの手芸を楽しんでいます。元気でいられるように、ピアノの練習やパンを焼くことにも挑戦しています。『やってみよう!』の精神で。日常こそ大切、工夫して、お金をかけずに楽しむこころ豊かな暮らしを目指しています。

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

コメントを書く

  • 渡来夢さん、こんにちは。とし古です。いつも、記事を楽しく拝読しています。長野の美しい風物のお写真を拝見しながら、戸隠高原・美ヶ原高原・野尻湖等でキャンプしたり、...スキーを習ったりした学生時代を懐かしんでおります。

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加