ハルメク会社情報サイト
会社情報サイト

ニュースリリース

2019年8月27日 (PDF:1252 KB

シニア女性に聞いた「キャッシュレス決済」に関する実態調査

販売部数21.5万部を誇るシニア女性誌No.1(※1)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、55~79歳のシニア女性230名を対象に、「キャッシュレス決済(※2)」に関するwebアンケート調査を実施いたしました。
(※1)一般社団法人ABC協会・ABCレポート21.5万部(2018年7月~2018年12月)
(※2)本調査における「キャッシュレス決済」は、QRコード決済のほか、suica等の電子マネーやクレジットカード等、現金を使わないもの全般を対象としています。

 

【調査サマリ】

■シニア女性のキャッシュレス決済 利用経験率は9割超
 一方、QRコード決済の利用経験者は1割以下
⇒キャッシュレス決済を利用したことがある人は97.4%(224人)
⇒PayPayなどをはじめとする、QRコード決済の利用経験者はわずか8.3%(19人)

■キャッシュレス決済を利用する理由は
 「レジでの支払いがスムーズ」「財布が小銭でふくらまない」「ポイントがつく」


■suica等の「電子マネー」、クレジットカードは8割以上が利用経験あり
 一方、スマホ決済は2割以下にとどまる

⇒利用したことがあるサービスTOP3は、第1位「電子マネー(96.5%、222人)」、第2位「クレジットカード(89.6%、206人)」、第3位「プリペイドカード〔VISA・JCB付〕(30%、69人)」。

■QRコード決済に踏み込めない要因は「5つの不安」
⇒「①セキュリティに対する不安」「②スマホで操作することの不安」
 「③リアルにお金管理できない不安」「④使い過ぎに対する不安」
 「⑤よくわからないことへの不安」

 

調査の詳細は、PDFファイルをご覧ください。

ハルメクWeb メールマガジン 美容や旅行など気になる話題が満載 「自分らしく」生きるヒントをお届けします