着るだけで猫背シャキ!若々しい姿勢に

なぜ補正下着は必要?プロが教える若見え下着の選び方

公開日:2021/10/30

2

「50代からこそ、補正下着(ボディシェイパー)が必要です」と語るのは、女性の下着に詳しいボディファッションコンサルタントの土井千鶴さん。筋肉が落ちて猫背になって、姿勢改善をしたいと思う人こそ、補正下着が必要な理由と選び方を伺いました。

補正下着とは?どんな種類があるの?

補正下着とは?

女性の体のラインを美しく整えてくれる、補正下着。補正下着には、「ボディシェイパー」「インナー」「ブラジャー」「ガードル」「ボディスーツ」など、さまざまなアイテムと呼び方があります。

特に、ボディシェイパーやボディスーツは「若い頃は着ていたが、今は着ていない」という方も、多いのではないでしょうか。

体型が変化する今こそ、補正下着の力を借りたいものですが、その頃の経験から、”体を締め付けるもの”“きつい”“苦しい”などのイメージがある、という声もよく聞きます。

「補正下着といってもさまざまで、締め付け機能がハードなものからソフトなタイプのもの、価格が高いものから安いものなどいろいろあります」と話すのは、ボディファッションコンサルタントの土井千鶴さんです。

50代からの体型変化は補正下着で整う!

30歳と55歳の体形はこんなに違う

女性の体は、50代になると大きく変化します。30代に比べて骨格を支える筋肉自体が衰えて、猫背気味になり、腰まわり・ウエスト・二の腕に脂肪がつく上に、ヒップやバストの位置が下がってきます。
中でも老け込んで見える大きな原因は、猫背の姿勢です。年を重ねるほど背骨自体が丸くなり、姿勢が悪化していくので、猫背を矯正して姿勢を改善することが大切です。

「鏡で自分の姿を見て姿勢が悪いと、ガッカリしてしまいますよね。洋服選びにも時間がかかりますし、おしゃれにも自信がなくなり、外出もおっくうになってしまいます。
それが、猫背姿勢がシャンとなっただけで、体のバランスが整い、見た目の印象は大きく変わります。自分自身に自信が持てて、元気にはつらつと過ごすことができるんです。

自分で正しい姿勢を保ち続けることはとても大変。良い姿勢を保つための筋肉をしっかり鍛えればいいのですが、読者世代には大変ですよね。でも補正下着を着るだけでそれがかなうなら、こんなにラクなことはありません!」と、ボディシェイパーへの思いを熱く語る土井さん。ここで、読者世代が注目すべき補正下着のボディシェイパーの選び方を紹介してくれました。

50代からの補正下着(ボディシェイパー)の選び方

「若い世代は皮膚がしっかりしているので、少しきつめで体を締め付けてラインを補正するタイプでも大丈夫です。でも、年を重ねると背骨を支える筋肉量が少なくなり、皮膚もやわらかく敏感になります。今までは大丈夫であった補正下着も“苦しい!”と感じるようになります。血液の循環が悪くなり冷え性になったり、内臓への締め付けで便秘の原因になったり、健康に影響を与えるので、きつい補正下着は選ばないようにしましょう」

では、どのような補正下着(ボディシェイパー)ならいいのでしょうか?

「補正下着(ボディシェイパー)の選び方にはコツがあります。読者世代は、若いときに着たような生地の着圧で締め付けてラインを細くするものではなく、姿勢改善にフォーカスしたタイプを選ぶべきなんです」と土井さん。

50代からの補正下着(ボディシェイパー)の選び方

1 姿勢を整えることに注目して作られている

先にもお話したように、ただお肉を締め付けてラインをきれいにするものは苦しいだけ。猫背を整えたり、上半身をシャンとさせる機能があるものを選びましょう。

2 50代以降の体のことを考えて作られている

1と似ていますが、たるみだけをサポートする補正下着だと、苦しくて長時間着用できません。50代からの女性の体の特徴(筋力低下、敏感肌など)に合わせて作られているものならば、気持ちよく体が整うので、きつくないのにスッキリ着ることができます。

3 伸縮性が良いもの

日常生活の中で、体の動きに合わせて一緒に伸縮することで、必要な部分のみサポートが働きます。そのため、苦しくなく補正効果を高めてくれます。

4 肌にやさしい素材

敏感肌でも安心して着用できる素材であることも大切。更年期以降の女性の肌は皮膚がやわらかくなり、敏感になっています。綿混素材や、化学繊維でもレーヨン系繊維などやわらかくて、皮膚にやさしい素材ものを選ぶといいでしょう。

5 着脱しやすいこと

着脱が簡単であることも大切です。着脱の際にきつかったり、時間がかかると、着たくなってしまいますね。

「特に今、家で座っている時間が長く、猫背が慢性化している方が増えていると思います。体に合った補正下着(ボディシェイパー)を着ればまったく苦しくないし、むしろ着ている方が気持ちがいいくらいですよ。私は、ボディシェイパーは“50代からの体になくてはならない下着”だと思っているくらいです」と土井さん。

かつて着たことがある方も、着たことがない方も、ぜひボディシェイパーに注目して、“若々しい姿勢”を体感してみてくださいね!

土井千鶴さんのプロフィール

どい・ちづ 女性が快適にいきいきできる下着の選び方に詳しいボディファッションコンサルタント。ファッションとランジェリー双方に精通し、下着情報を発信。セレクトショップCDSELECTを運営。  

取材・文=水野 愛(ハルメク 健康と暮らし編集部) 撮影(土井さん)=渡辺裕之

■もっと知りたい■


ハルメク 健康サポート・体幹&姿勢シェイパー(通年用)

ハルメク 健康サポート・体幹&姿勢シェイパー(通年用)

ハルメクでも50代からの女性向け補正下着「ハルメク 健康サポート・体幹&姿勢シェイパー(通年用)」を販売中!

水野 愛

2019年12月より「ハルメク 健康と暮らし」食品記事編集に携わる。好きなものは漫画・歴史・音楽・一人旅。特技は赤ちゃんをあやすこと。今の夢は、習い始めた三線で、沖縄のおばあ・おじいたちとセッションすること!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ