動画で解説!座るときに骨盤の歪みを取る体操

骨盤が歪む原因の老け座りを解消!骨盤ふりふり体操

公開日:2020/05/05

4
会員限定

ぽっこりお腹を解消するためには、骨盤の歪み(ゆがみ)を取ることが必要です。健康運動指導士の谷玉惠さん(73歳)が自ら実践する、骨盤のゆがみを解消し、美しい姿勢と体をつくる簡単な骨盤ふりふり体操をご紹介します。今回は、座り方の改善をします。

座るときに骨盤の歪みを取る体操

老け座りで後傾した骨盤を起こしましょう

テーブルにひじをついて丸くなったり、だらしなく足が開いてしまう “老け座り”も、骨盤がゆがむ原因です。「いすに腰掛けたまま、歩くとき同様、“前後にふりふり”して、後傾した骨盤を起こしましょう。すると、自然とお腹と背すじが伸び、ひざが閉じるはずです」と谷さん。

「猫背に慣れていると、この骨盤を前に突き出した状態を“反り過ぎ?”と不安に感じるかもしれません。でも鏡で自分の姿を見てみて。それくらいの感覚が、実際は背すじがシャンとした正しい姿勢なんです」。

普段から座面に深く座って、背もたれから拳一つ分隙間を開けるのも簡単にできるコツです。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、50代以上の女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値がある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど、幅広い情報が満載。年間定期購読誌で自宅に直接配送します。https://magazine.halmek.co.jp/

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ