リンパを流してたるみケア!潤う肌でもっと素敵に#6

肌の保湿力がアップ!ハトムギのおすすめの取り入れ方

公開日:2021/11/26

14
会員限定

前回、首のシワとポツポツのケアにハトムギが効果的であることを解説しました。潤い肌ケア特集第6回は、そんなハトムギのおすすめの取り入れ方について。薬剤師・国際中医専門員の猪子英恵さんによる2つのアイデアを紹介します。

肌の保湿力がアップ!ハトムギのおすすめの取り入れ方

猪子英恵(いのこ・はなえ)さんのプロフィール

猪子英恵さんのプロフィール

薬剤師・国際中医専門員。株式会社ウィメンズ漢方所属。漢方を通して女性の体づくりをサポートしている。『手作りハトムギ水でシミ・イボが消え美白肌!やせる!超健康になる!』(わかさ出版刊)監修。

ハトムギに含まれるヨクイニンで肌の保湿力がアップ

ハトムギに含まれるヨクイニンで肌の保湿力がアップ

気になる首のシワやポツポツ。「“皮膚は、内臓を映す鏡”だと漢方・中医学では捉えています。年齢を重ねると水分代謝が悪くなり、皮膚のシワやポツポツの原因になると考えられます」と、猪子さん。

「ハトムギに含まれるヨクイニンは、飲むことで体内の水分代謝を正常化させ、肌の保湿力や透明感を高めます。胃腸を整え、抗紫外線効果もあるといわれています。このようにハトムギを飲むことで美容効果があることは、研究論文などのデータもあります」。

そこで今回、猪子さんが教えてくれたのが「飲むハトムギ水」の作り方。スーパーや自然食品店、ネット通販などで手に入るハトムギの精白粒を使って作ります。

「ハトムギの量の目安は大さじ1〜3で、とろ火でじっくり煮出します。しっかり濃く出したい方は大さじ3にするなど、調整してみてください。少しとろみがあり、味はほんのりした甘味がある程度です」

また、ハトムギエキスを配合した化粧水などが市販されているように、ハトムギを塗る効果も一般的に知られています。今回は「塗るハトムギ美容水」の作り方も教えてもらいました。

「ハトムギを飲む効果ほど、塗る効果についての研究論文などのデータは多くありませんが、ハトムギと日本酒があればできるので、腕の内側などでパッチテストをして試してみてください」(猪子さん)。

「飲むハトムギ水」の作り方

「飲むハトムギ水」の作り方

【材料】...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ