落語会体験記

落語自由自在 ~横濱小せん会~

さいとうひろこ
2019/04/06 12

古き良き日本文化である落語を聴いて楽しく笑うことで、身も心も元気になることができます。今回は年2回開催される「横濱小せん会」をご紹介します。

落語自由自在 ~横濱小せん会~
落語自由自在 ~横濱小せん会~
【目次】
  1. 前座「初天神」三遊亭歌つを
  2. 「熊の皮」古今亭志ん吉
  3. 「盃の殿様」柳家小せん
  4. 「祇園会(ぎおんえ)」柳家あお馬
  5. 「御神酒徳利」小せん

前座「初天神」三遊亭歌つを

本日は、横浜にぎわい座で年2回開催される「横濱小せん会」です。師匠を応援する人々が集結する会で、今回はお弟子さんのあお馬さんが、2月11日に二つ目に昇進されたお祝いの会でもあり、楽しみに出掛けました。

落語自由自在 ~横濱小せん会~

歌つをさんは前座2年目ですが「初天神」というお馴染の演目を、ギャグも入れずに、しぐさだけで笑いをとります。小生意気な子どもが躍動して、なかなかの腕前でした。

「熊の皮」古今亭志ん吉

「歌つをが前座、私志ん吉が二つ目、そして小せん師匠が真打ちです。どの師匠に伺っても、やはり嬉しかったのは、前座から二つ目になった時と仰います。私もそうでした。と、しみじみ自身を振り返り、大勢のお客様の前でやらせていただけるのは、小せん師匠のお陰です」と言ってから「熊の皮」に入ります。

横町の医者から赤飯が届いたので、お礼に行くようにと女房に頼まれた甚兵衛さんが、悪戦苦闘する滑稽噺で、歯切れのいい口調が心地良かったです。
 

「盃の殿様」柳家小せん

「待ってました」の声があちこちから掛かります。

いよいよ師匠の登場です。

「弟子のあお馬が二つ目になりました。二つ目になる時が一番嬉しいというは、奴の人生は今がピークで」で拍手が起きます。

「浅草演芸ホールで只今披露目の最中で、寄席は休めないため、12時半降り(高座を降りる)なので、1時10分には伺えますって連絡がありましたが、そろそろ2時になろうとしているのに、まだ来てないのよ。浅草から横浜だからね、どう考えても時間の読み違え」と弟子への思いを吐露してから「盃の殿様」に入ります。昨日黒門亭でネタおろし(初めて客前で演ずる)した演目です。殿様役が似合い、なかなか堂に入っていました。

「祇園会(ぎおんえ)」柳家あお馬

初高座の時も横浜にぎわい座で、妙に小慣れた「道灌(どうかん)」を披露、客席は驚き息を飲みました。落ち着いた語り口に、並々ならぬ才能を感じた瞬間でした。

黒紋付姿のあお馬さん登場、本人が戸惑う程の万雷の拍手で迎えられ「師匠が、先程私のことを言ってくださったそうで、志ん吉兄さんに聞いたら、罵詈雑言のあらん限りで」で、笑いが起きます。「只今浅草で」で、またまた大笑い。事前に師匠があおっていましたのでね。

充分に温まった場内を見渡してから、おもむろに羽織を脱ぎます。ここが前座との大きな違いで、二つ目になったのだと、本人も客席も実感します。

古典落語「祇園会」の聞かせどころの祭り囃子、くちで篠笛・太鼓・鉦を真似て、見事に表現します。立派に育ちました、とアピールしていたかのようでした。

「御神酒徳利」小せん

落語自由自在 ~横濱小せん会~

小せん師匠は、この演目で2017年に花形演芸大賞金賞を受賞されました。長い噺をゆったりと楽しそうに語り、大阪からの道中付けも、鮮やかに決めました。ゲストと弟子が盛り上げ、師匠がじっくり語る緩急のある素敵な落語会、ふと気が付けば、あっという間の3時間、たっぷりと楽しめた「横濱小せん会」でした。

さいとうひろこ

東京都 /69歳
東京都 /69歳

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ