わが家の四季だより〜季節の移り変わりを楽しむ 

乾燥が気になる季節!少しでも楽しく加湿したいですね

公開日:2022/02/19

9

季節の移り変わりに寄り添いながら、ありふれた日々を楽しんで暮らしたいなと思っている五味香です。加齢とともに身にしみる、冬の大敵「乾燥」。お家時間が長くなり、部屋の湿度がとても気になります。

乾燥が気になる季節!少しでも楽しく加湿したいですね
そろそろ桃の節句、でも、加湿器も欠かさず

巡りゆく季節

季節の移り変わりを楽しみながら暮らすことは嫌いではないのですが、年を重ねると、年々その移り変わりの早さに簡単についていけなくなります。

秋が過ぎ、今年(2022年)の冬はあたたかだな〜となごなごしていると、すとーんと本当の冬の寒さに見舞われたり、真冬の澄んだ空気もまんざらでもないな〜と、やっと思えるようになってきたら、またたく間に、私の鼻センサーが花粉をキャッチしてしまう春が来る。

季節に合わせて心地よく過ごしていくためには、たゆまない努力と工夫が必要だとつくづく思います。

加湿器と湿度計と

特に、今年の年明けは、オミクロン株の拡大に伴い、のどの弱い私は、加湿にかなり気を配るようになりました。のどが少しでも痛いと、「もしかしてコロナに?」と、とても不安な気持ちになってしまいます。

わが家の暖房器具は、安全面を考えてエアコンや電気ストーブなどを使っています。加温するときに水蒸気が発生する石油やガスのストーブと違い、電気系の暖房器具は空気を乾燥させる弱点があるそうで、部屋には加湿器が欠かせません。

今まで、リビングの加湿は、プラズマクラスターの加湿空気清浄機1台に頼っていましたが、今年からは、もう少し湿度を上げたいと思い、加湿器をもう1台新調しました。寝室などにも加湿器があるので、水換えがさらに忙しくなりましたが、ステイホームに慣れた日々なので、それも仕事のように楽しんでいます。

壁にかけてあっても見もしなかった湿度計。今回改めて、快適な湿度は40%から60%と意識するようになったら、メモリの増減が気になること気になること!

加湿器と湿度計と
リビングの湿度計、よく見るとイラストがかわいい!

加湿器も湿度計も、いつの間にやら冬の部屋の必需品になってしまいました。

ある日の寝室の朝の湿度が低すぎて、愕然としました!

乾燥は、のどだけでなく指先や唇など、まず、体の繊細なところから始まります。今さらですが私は、ワセリンやポンプ式のハンドクリームを、洗面所や台所のシンク横、そしてテレビの前などいたる所に置いて、一日に何回も塗っています。

一石二鳥の加湿で楽しむ

家の中のことは、面倒でもまず楽しんでやろう! と思うようにしています。なので、冬の今は、湿度計を眺めながら、さらに湿度を上げるにはどうしたらいいかな? と、考えるのもまた楽しいです。

わが家のリビングの加湿器が、なかなか湿度45%前後から上がってくれないのです。

月並みですが、リビングに干してもいいかなと思うタオルなどは、部屋干しして加湿になり、一石二鳥。

また、毎日の食事なども、冬の季節は特に、あたたかな汁物や鍋料理を増やします。おいしくあたたかく体がうるおい、一時的かもしれないですが、部屋の湿度も上がります。この季節だから味わえるあたたかなしあわせです。

一石二鳥の加湿で楽しむ
モツ鍋でコラーゲンもアップ?

そういえば、リビングの観葉植物たちも、あたたかくうるおう部屋の中で、今が一番というくらい元気よくしています。

冬を楽しむ方法は、まだまだ尽きないです。

 

■もっと知りたい■

五味香

18年間、自宅で小学生向けの学習塾を開いていました。今は専業主婦です。季節の移り変わりを感じながら、ありふれた日々をていねいに過ごす方法を見つけていきたいです。丙午(ひのえうま)生まれは「60年に一度の元気者」とも言われているので、私もパワフルに頼もしい女性でありたいと思っています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ