認知症の父の通販トラブル

もう、それ以上注文しないで!!

公開日:2022/01/29

7

認知症の人が通販で買い物をしまくり、トラブルを起こして悩んでいるお宅、実は多いんです。中には、突然、何百万円の請求書が来た家も。怖い! 怖すぎる! そんなことをされたら、実家は破産だ! 大変なことになる前に、私が取った対策とは?

もう、それ以上注文しないで!!

通販にはまった父

2016年から、認知症の父(82歳)の通い介護をして います。

認知症あるある、の症状らしいのですが、認知症になってから、父は通販で買い物をすることにはまってしまいました。

通販にはまった父

テレビを見ていて、興味の持った商品は、その場でメモ。母が買い物などで外出した時に、こっそり電話をする、のが父のやり方でした。

注文を取り消したけれど……

一番最初に届いた商品は、ダイソンの「Hot&Cool」(8万1400円)という家電。

母から連絡を受けすぐに私が返品手続きをし、いったんは商品を送り返すことに成功したのですが、その後も父は注文電話を繰り返すようになりました。

仕方がないので、今度は通販会社に「父から注文の電話があっても家族の同意がないと購入できないようにしてください」とお願いしました。

ところが、今度は、何度電話しても注文を受け付けてくれないので、父が怒ってしまい、「なんで注文できひんのや!」「通販会社を訴える!」と言うように。

注文を取り消したけれど……

とうとう、母が根負けして、ダイソンの「Hot&Cool」を買うことにしました。

組み立てられない・使い方がわからない

ところが、待望の商品が届いたのに、父は組み立てられず、しばらく箱から出したまま。

組み立てられない・使い方がわからない

翌週、実家に行ったら、なんとか商品は組み立てられたようなのですが、今度は使い方が分からず……。またしても商品を放置。

もうこれに懲りて、通販でモノを買うことはないだろうと思っていました。

ところが、その後も「ピント調節機能のある老眼鏡」や「電動爪切り」「サプリメント」などを購入。

組み立てられない・使い方がわからない

母は、父がメモした紙を見つけたらすぐに破り捨てるなど、対策はいろいろしているのですが、購入を止めることはできませんでした。

もうこうなったら、発信制限機能のある電話機に買い替えるしか方法はありません。

電話機が売っていない

電話機が売っていない

大手電気屋に行くと、迷惑電話や詐欺電話を防止するなど、着信を拒否する電話はあっても、発信を制限する電話は取り扱っていないと言われました。

そもそもコロナの影響で、電話機の新規注文さえ中止しているそうです。

ネットで調べると、父のように「認知症で通販会社に電話をかけまくって困っている」という相談内容はたくさん見つかるのですが、「発信を制限する電話はない」という答えがほとんど(ビジネス電話ならできるそうです)。

こうなったら、最後の手段です。

母には、『電話線を引っこ抜け!』とアドバイスしました。

 

■もっと知りたい■

家事代行会社に勤務。整理収納アドバイザー。子どもは男子3人。大腸の機能障害で、闘病中の3男が寛解したと思ったら、今度は実父(要介護1)が認知症に。ここ数年は看病&介護と縁が切れません。現在、週1で実父を介護中。認知症の父とのリアルな介護経験をつづっていきたいと思います。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ