普通に買い物をするだけでザクザク貯まるんです

ポイ活はじめました!!

公開日:2022/01/13

3

いつもの買い物でポイントをザクザク貯めて、貯まったポイントで好きなものが買えると、今話題の「ポイ活」。私も昨年末(2021年)から挑戦中です。現金派の私が、どうやってポイントを貯めているのか。そのやり方をご紹介したいと思います。

ポイ活はじめました!!

いま、話題のポイ活とは?

最近、雑誌でよく目にする「ポイ活」に、昨年末(2021年)から挑戦中です。

「ポイ活」とは、効率よくポイントを貯めて、お得に買い物すること

いま、話題のポイ活とは?

効率良くというのが重要で、ただ目的もなく、だらだらポイントを貯めるだけでは「ポイ活」とは言えません。

では、私の場合、どうやってポイントを貯めているのか、ご紹介したいと思います。

電子マネー『楽天Edy』を選択

ポイ活に欠かせないアイテムがあります。それは、クレジットカードやスマホ決済、電子マネー(SuicaやWAON)などの電子決済。現金での支払いを減らし、ポイントが貯まる決済方法を使うのが「ポイ活」です。

まず、数ある電子決済の中でどれを選ぶか?

電子マネー『楽天Edy』を選択

現金派の私は、コンビニや近くのスーパーでもチャージできる電子マネー「楽天Edy」を選びました。

※楽天Edyは事前にチャージをすることで、現金の代わりにご利用いただける電子マネーです。楽天ポイントカードやおサイフケータイにチャージして使用します。全国78万か所以上のコンビニ・レストラン・スーパーなどで簡単にご利用いただけます(公式サイトより抜粋)。

「楽天Edy」にしたのは、もともと私が楽天ユーザーだった、というのもあるのですが、週末買出しに利用しているスーパーで「楽天Edy」が使えたことが、決め手になりました。

どこでも使える『楽天Edy』

しかも、楽天Edyは、私が利用しているスーパー、4店のうち3店で使えます。

コンビニ各社、「キリン堂」「ウエルシア」「コクミン」などのドラッグストア、衣料品店では、ユニクロ、GUやしまむらでも使えます

どこでも使える『楽天Edy』

つまり、私の買い物圏内、ほぼ90%で、楽天Edyが使えるのです。

使うカードを一つにまとめるのがポイント

楽天Edyさえあればどこでも使えるので、それまで使っていた、ポンタカード、Tカードなどをやめ、Edyカードにまとめることにしました。

使うカードを一つにまとめるのがポイント

貯めるカードを一つにまとめることが、ポイ活のポイントです。

なので、カードを選ぶときは、自分がキャッシュレス派なのか、現金派なのか。現金派なら、自分がよく利用する店ではどの電子マネーが一番使われているのか、調べた方がいいですよ。

カードは最安値でゲット

「楽天Edy」は、楽天市場で購入できます。通常、330円なのですが、ちょうどセール中で運よく55円でゲットすることができました。

カードが届いたら、あとはネットで手続きをすれば、すぐに使えます。

楽天Edyは、200円で1ポイント。楽天ポイントカード加盟店なら、100円で1ポイント付きます

カードは最安値でゲット

ちなみに12月は普通に買い物しただけで、379ポイントゲットしていました。

節約にも一役

節約にも一役

それまで4~5枚持っていたポイントカードを「楽天Edy」一つにまとめたことで、財布の中身がスッキリしました。

さらに、ポイントを貯めるために、まとめ買いをするようになりました。その分、買い物回数が減ったので、節約にもなっているみたいです。

慣れたら、次はポイント運用にも挑戦してみたいですね。

 

■もっと知りたい■

家事代行会社に勤務。整理収納アドバイザー。子どもは男子3人。大腸の機能障害で、闘病中の3男が寛解したと思ったら、今度は実父(要介護1)が認知症に。ここ数年は看病&介護と縁が切れません。現在、週1で実父を介護中。認知症の父とのリアルな介護経験をつづっていきたいと思います。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ