28年の会社人生をリセット(19)

50代から日々是挑戦 ~私の女子力回復リハビリ~

公開日:2021/11/19

4

2021年3月、新卒で入社した会社を早期退職した私。その後の長引く自粛生活では、多くの気づきを得ると同時にある種の緊張感=女子力? を失ってしまいました。ただいま絶賛リハビリ中です。その方法とは……?

50代から日々是挑戦 ~私の女子力回復リハビリ~

自粛生活で失ったもの

早期退職から半年後、再就職してからもリモートワーク中心の生活が続きました。働き方の自由度が上がり、生活の質が向上したのは確かですが、在宅生活に甘んじるうちに生活の緊張感が欠如。お恥ずかしながら、女子力=美意識が大幅に低下してしまいました(笑)。

マスク生活が常態化する中、ベースメイクに目ヂカラ強化のアイシャドーやマスカラ、眉毛の整えは欠かせません。ところが、終日在宅で夜にソロウォーキングという日課に慣れてしまうと、次第に眉毛すら描かないことも……。だって夜だし、誰とも顔を合わせないんですから(笑)。

自粛生活で失ったもの

既に脱ハイヒール党、下着もヨガ用やナイトブラなど締め付けフリーのものを好み、心身ともに緩みまくっていきました。

それを強く自覚したのは、ノーメイクでウォーキング中にうっかりドラッグストアに入ってしまった時です。煌々と照らされた店内の鏡に映った自分の姿は!!! マスクで顔半分を覆い隠していても衝撃でした(笑)。

女子力回復リハビリその1 ~ホテルアフタヌーンティー~

そんな矢先、長い長い緊急事態宣言が明けました。少しずつ増えてきた学生時代の友人や元同僚たちとの再会に、ホテルのアフタヌーンティーをセッティングしたら、とても好評なんです。

少し贅沢な非日常の空気感、ソーシャルディスタンスの確保された空間、目にも心にも優しいセイボリー(塩気のある軽食)やスイーツで弾むおしゃべり。

封印していたヒールも、念入りなお化粧も復活です。陽光まぶしい都心のホテル、華やいだ場所に出ると背筋も伸び、心地よい緊張感が生まれます。

王道アフタヌーンティー@ペニンシュラ
ピエールエルメのハロウィン@キンプトン新宿

 気軽に友人たちと談笑できる日常が戻りつつあることに感謝し、笑顔で至福の時間を過ごすことが、女子力の回復につながっていると感じています。

ぜひみなさんも「アフタヌーンティ― おすすめ 地名(お住まいのエリア)」で検索してみてください。お近くでもアフタヌーンティーやハイティー(食事付きの夜のティータイム)を展開しているホテルやレストランが見つかるかもしれません。決してリーズナブルな価格帯ではありませんが、その価値は十分にあると思います。

ヴィーガンアフタヌーンティー@プリンスギャラリー
珍しい和のハイティー@コートヤード・マリオット

女子力回復リハビリその2 ~自宅に人を招く~

もう一つのリハビリは、自宅に人を招くことです。それも気軽に。ホームパーティーではなく、せいぜい2人までの友人をお茶や軽い食事に誘います。

ひとり暮らしで在宅慣れしてしまうと、ついつい掃除は後回し、部屋も雑然としがちです。頻繁に来客があれば、否が応でも部屋を整え、快適な空間を維持できます。ただし、最初から張りきってあれもこれもと力を入れ過ぎると、その後は疲れて長続きしません。

だからできるだけ気楽に、さもない料理でおもてなし……というのは、確かあの栗原はるみさんの言葉だと記憶しています。いつでも人を迎え入れる態勢を整えておくのは、確かに素敵なことですよね。

自宅でのおもてなしはカジュアルに
女子力回復リハビリその2 ~自宅に人を招く
友人持参のお花でも女子力UP

人と自由に会える日常をとても幸せに感じる今、ホテルでのアフタヌーンティーを「ハレ」、自宅での気軽なおもてなしを「ケ」と考えて、両方楽しんでいます。

これが、私にとって最も効果的な女子力回復リハビリになっています。

 

■もっと知りたい■

ソレイユ子

2020年、新卒で28年勤めた百貨店を早期退職しました。半年の充電期間ウィズコロナを経て、前職とは業界も風土も真逆の小さな会社へ。働くステージを変えたら新たな視界が開けました。人生後半での新しい日常の出来事や想いを、働くリアル50代の目線で綴っていきます。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ