落語自由自在(50)

#8・31俺のカジカザワ余一会

公開日:2021/10/06

4

イイノホールで開催された「俺のカジカザワ」主催の【らくご@座】。8月31日21時に「よ~い、スタート」で、みんなで一斉に観ませんか? 撮影OK、Twitterでつぶやきましょうというもの。21時になるのを、ワクワクしながら待っていました。

#8・31俺のカジカザワ余一会
オンライン配信を見ながら、みんなで#をつけてツイッターでつぶやきます

柳家喬太郎「鰍沢霊」

柳家喬太郎「鰍沢霊」

今回は前座さんが一人ですので、手が足りませんで、ただ今太鼓をたたいたのは、なんと白鳥師匠でした。大きな拍手がわきます。初めて聞いた白鳥師匠の太鼓、うれしくて。Twitterにみなさん、「#8・31俺のカジカザワ余一会」をつけて盛んに発信。撮影した写真も、次々にアップされます。私も、早速参戦しました。

「鰍沢霊(ゼロ)」は、本編に至る前段で、男女のなれ初めを、喬太郎師匠が創作しました。ここまで膨らませて、次につなぐ喬太郎師匠のすごさを感じました。

登場する猫のかわいいこと、若旦那は意地悪だなどと、みなさんつぶやきます。落語の最中に、人と話すなんて考えられませんから、これは配信ならでは、ですね。

入船亭扇辰「鰍沢」

入船亭扇辰「鰍沢」

ただ今は、最初私が太鼓をたたき、途中からは高座を降りた喬太郎師匠が、たたいてくれました。扇辰・喬太郎の見事なリレーです。盛んに拍手が起こります。

舞台は、東京から雪深い甲州へと移ります。研ぎ澄まされたカマの様な尖った月が、中天に青白く、と情景描写が素晴らしいです。寒さが、こちらにまで、じんわりと伝わってきます。

「おーい おーい」と叫ぶお熊の声が、耳に残ります。先月、私は「渋谷らくご」でこれを観ましたが、あの時は持ち時間30分、今回は45分、さらに深みを増していました。これぞ本寸法、扇辰師匠の絶品の高座でした。

三遊亭白鳥「鬼コロ沢」

三遊亭白鳥「鬼コロ沢」

太鼓は喬太郎師匠、やすけ(鉦)は、扇辰師匠がたたいてくれました。またまた、拍手がわきます。

「鬼コロ沢」は「鰍沢」の後日談ではありませんと、まず断りが入ります。私は別の配信で、すでに観ていますので、驚きませんが、そう思っていた方は多いと思います。これは、鰍沢みたいな噺で、鰍沢ワールドを大胆に改作した近未来のお話です。

舞台は新潟県の三国山脈、今活躍している噺家の実名が、次々に飛び出して、笑いながらも、こんな事を言って大丈夫なのかと、心配になりました。最後に、6代目圓生師匠が出囃子にのって降臨してきます。そして落語とは、落語家とはと、芸論を突き詰めていきます。

豪華な二人が前振りとなり、アンカーの白鳥師匠へとつなぎます。それを受けて立つ白鳥師匠に、心を揺さぶられました。これは大河ドラマならぬ大河落語です。

初めての試み、配信購入者たちが「せ~の」で同時再生、落語を通じてゆるやかな時を過ごす集いも、楽しかったです。

三者三様、晩夏に吹雪く鰍沢、堪能しました。

三遊亭白鳥「鬼コロ沢」

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ