読めそうで読めない! 難読漢字で脳トレ

【難読漢字】霙和えの読み方は?ヒントは調理にアリ!

公開日:2020/05/02

5

「霙和え」…何と読むかわかりますか? 難読漢字で脳トレにトライ!コロナ禍によって自宅で過ごす時間が長くなり、料理を楽しんでいるという人も多いのでは?今回は調理法にまつわる難読漢字をご紹介します。

霙和え

【霙和え】何で和える調理法でしょうか……

最初にご紹介するのはこちら。

「霙和え」

霙和え

「霙」とは『広辞苑』によると、

「雪がとけかけて雨まじりに降るもの。氷雨」のこと。

冬の鍋料理の定番、「霙鍋」がお好きという人もいることと思います。

もうわかりましたか?正解は……

「みぞれあえ」

みぞれあえ

つまり、「霙和え」とは、大根おろしで和える調理法のこと。

野菜やキノコと和えてさっぱり、唐揚げなどに絡めてもおいしいですよね。

 

【煮凝り】にごり?いえいえ違います

続いてはこちら。

「煮凝り」

煮凝り

こちらも意味を見てみましょう。『広辞苑』によると

サメ・カレイ・ヒラメ・アンコウなどの膠質に富んだ魚を煮て、煮汁とともにさまして凝固させた料理。

料理以外でも、ゼラチン質の多い魚や肉などの煮汁が固まったもののことをいいます。

正解は……

「にこごり」

にこごり

「凝り」は「こり」とも読み、筋肉が張って硬くなるという意味があります。

物事に熱中するタイプの人を表す「凝り性」(こりしょう)もこの漢字を使います。

 

【真薯】「薯」はイモ。イモを使った調理法とは?

こちらは比較的、読みやすいでしょうか。

「真薯」

真薯

『広辞苑』によると

魚・鳥・蝦などの肉のすりみに、すった山の芋・粉類を加えて調味したもの

という意味。正解は……

「しんじょ」

しんじょ

「薯」はイモを意味し「いも」とも読みます。ちょっとむずかしいですが、「薯蕷芋」は「とろろいも」と読みます。 「糝薯」「真蒸」「真丈」と書く場合もあります。

 

【膾】お正月料理の定番にもあるアノ一品も

最後はこちら。

「膾」

膾

『広辞苑』によると、

大根・人参などを細かく刻み、三杯酢・胡麻酢・味噌酢などであえた料理。

のこと。

「紅白膾」はおせち料理の定番ですね。もうわかりましたか?

正解は……

「なます」

なます

おせち料理については、こちらの記事もぜひチェックしてくださいね。

家で過ごす時間が増えたことで、凝った料理にチャレンジするという人もいるかもしれません。本格的な和食にチャレンジしたくなったら、ぜひ今回の漢字を思い出してくださいね。


文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も! https://halmek.co.jp315

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ