読めそうで読めない! 難読漢字で脳トレ

【難読漢字】己、已、巴、巳、それぞれどう読む?

公開日:2020/12/19

更新日:2020/12/21

24

「己」「已」「巴」「巳」は何と読むかわかりますか? 難読漢字で脳トレにトライ! 今回は、形が似ている4つの漢字に注目。意外な読み方を発見してください。

己惚れ

【己惚れ】「己に惚れる」とは、つまり?

最初にご紹介するのはこちら。

「己惚れ」

己惚れ

一字では「おのれ」「おれ」「おら」と読むこちらの漢字。いずれも「自分自身」を意味します。では「己+惚れる」と書いて何と読むでしょうか?

正解は……

「うぬぼれ」

うぬぼれ

「自惚れ」とも書きます。

「己」は「つちのと」とも読み、十干の一つ。

「己等(おいら)」は、主に男性が使う一人称。

そして

「己己己己」と書くと、「いえしき」と読む珍しい苗字です。

 

 

【已に】すっかり。まったく。もはや。とっくに。

続いてはこちら。

「已に」

已に

己と似ていますが、「已」は「イ」と読む漢字。「已然形」という文法でもおなじみです。では、「已+に」は……?正解はこちら!

「すでに」

すでに

すっかり、まったく、もはや、もう、とっくに、今まさに、現に……といった意味で、「既に」と書くことも多いかもしれません。

「已む」と書くと「やむ」と読み、「止む」と同じ意味になります。

 

 

【巴西】巴里はパリ、では「西」はどこ…?

最後にご紹介するのはこちら。

「巴西」

巴西

巴里と書くと「パリ」と読むことは、知っている人もいるかもしれません。では「巴西」はどこでしょうか。南米の国名です。正解は……

「ブラジル」

ブラジル

また、「伯剌西爾」と書くことも多いようです。

 

「巴」という漢字は、国や地域名にもよく使われます。

  • 「巴奈馬」は「パナマ」
  • 「巴基斯坦」「パキスタン」
  • 「巴布亜新几内亜」「パプアニューギニア」
  • 「巴塞羅」「バルセロナ」

他にも、ドイツの作曲家「バッハ」は「巴哈」と書くなど、人名でも多く見られます。

難読の地域名、国名についての記事も紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。


ちなみに「巳」は十二支の巳(み)、蛇の略ですね。方位では南から東へ30度の方角、昔の時刻の意味でもあり、午前9時から11時の間の時刻のことをいいます。


文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)
 

■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ