ハルメク会社情報サイト
会社情報サイト

ニュースリリース

2019年1月17日 (PDF:1387 KB

シニア男女720名に聞いた「終活」に関する意識と実態調査

販売部数 17.5 万部で、シニア女性誌部数 No.1(※)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本 社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、60~74 歳のシニア男女 720 名を対象に、「終活」 に関する web アンケート調査を実施いたしました。
(※)一般社団法人 日本 ABC 協会・ABC レポート 17.5 万部(2018 年 1 月~2018 年 6 月)

 

【 調査サマリ 】

■74.4%が「終活をすべき」と思っているが、「既に行っている」人はわずか 38.9%
⇒全体の 74.4%が「終活をすべき」と回答。女性 80.8% 男性 68.1%と、女性の方が終活へ の意欲が高い。
⇒一方、既に終活を行っている人は全体の 38.9%にとどまった。

■既に行っている終活 TOP10 のうち 6 項目が「死後の準備」
⇒TOP3 は「お墓の準備」「保険の見直し」「金融口座・商品の整理」

■男性は墓などの「死後の準備」、女性は片づけなどの「生前整理」を優先
⇒男性は「お墓の準備・用意」といった死後の準備を優先。
⇒女性は「家具や荷物」「衣服やアクセサリー」「アルバムや手紙等の思い出」の整理・処分な ど生前整理を優先。

■既に行っている終活の平均額は「253.6 万円」。 「死後の準備」に男性が平均 160 万円かける一方、女性は 71 万円しかかけていない。
⇒既に終活を行っている人の 34.3%が「終活にかかった費用は 0 円」と回答。
⇒既に行っている終活にかかった費用全体の平均額は 253.6 万円。(※費用 0 円の回答者も含む平均)

 

調査の詳細は、PDFファイルをご覧ください。

ハルメクWeb メールマガジン 美容や旅行など気になる話題が満載 「自分らしく」生きるヒントをお届けします