ハルメク会社情報サイト
会社情報サイト

ニュースリリース

2019年8月9日 (PDF:1821 KB

シニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識調査

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、シニア女性誌部数 No.1(※)の「ハルメク」と共同で、「シニア世代の片付けとフリマアプリに関する意識調査」を行いました。

(※)一般社団法人 日本 ABC 協会・ABC レポート 21.5 万部(2018 年 7月~2018 年 12 月)

 

【調査サマリ】

■シニア女性の9割「片付けたい不要品がある」。
⇒片付けたい不要品 1位「洋服」、2位「本・雑誌」、3位「着物」。

 

■不要品の片付けに対する意識「タダで手放すのはもったいない」。
⇒「家のなかに片付けたい不要品がある」と回答した人のうち33.4%が、不要品を「タダで手放すのはもったいない」。

 

■フリマアプリ認知率84.4%、うち利用経験があるのは15.0%。
⇒フリマアプリ利用経験者で、過去1年以内に「1回以上フリマアプリで出品した」のは59.2%、「1回以上フリマアプリで購入した」のは81.6%。
⇒過去1年以内フリマアプリで2回以上出品した人の売上金は、平均で5,650円/月。

 

■シニア世代のフリマアプリ利用意向は約3.5割、障壁は「面倒くささ」「アプリ上の取引・決済に抵抗」等。
⇒今後、フリマアプリを「利用したい」のは全体の35.3%、「利用したくない」のは37.1%。
⇒フリマアプリ非利用者で「利用したくない」人の「利用したくない」理由は、「面倒だから」「アプリで決済するのに抵抗があるから」など。

 

調査の詳細は、PDFファイルをご覧ください。

ハルメクWeb メールマガジン 美容や旅行など気になる話題が満載 「自分らしく」生きるヒントをお届けします