上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ・13

トメサイズ7:太鼓橋のポーズで体幹強化&姿勢改善!

公開日:2021/08/10

更新日:2021/09/17

22
会員限定

イラストレーター・上大岡トメさんが老化について学び、50歳からを楽しむ生き方のアイデアを紹介する連載企画「老いを楽しむ!生き方のタネ」。1回2分で心と体をケアする「トメサイズ」第7回は、体幹強化に効果的な「太鼓橋のポーズ」を紹介します!

姿勢改善で心も元気に!「太鼓橋のポーズ」で体幹強化
上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ・13

体験談:2年間運動して体幹を強化したら猫背が治った!

体幹を鍛えると、姿勢がよくなる。そして、キレイな姿勢は、全体の雰囲気を変えてくれる。

トメサイズ第3回でも姿勢のことには触れましたが、今回は私の経験から、姿勢矯正の大切さについてお話しします。

私は10代の頃はひょろひょろで姿勢が悪く、よく母に「姿勢が悪いっ!」と、1mある裁縫用の竹の物差しを背中に突っ込まれたものです。その頃は正直「姿勢を直すのなんて、だるいー」って思っていました(笑)。

その後も、32歳でダンスを始めるまで、ずーっと猫背でした。でも、ダンスの先生の姿勢が、目で追ってしまうほど美しい……! 特に背中が。

「私もあんなふうになりたい」と、姿勢を直すことを決意! 誰にもその熱い思いを告げず、こっそりと遂行することにしました。

そして2年ほどたった頃、「トメさん、姿勢がいいね」と言われるようになりました。

私が具体的にしたことは、たった2つです。

  1. 運動することで筋肉をつけて、体幹を鍛える
  2. 日々気が付くたびに、姿勢を直す(背中を意識)

姿勢を直すときは、背中を意識するのがポイント。肩甲骨を「きゅっ」っと寄せましょう。

「折れないココロ」より先に「強い体幹」を作ろう

姿勢がよくなっていいことは、書ききれないほどたくさんありますが、私にとって一番良かったことは...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

上大岡トメ

1965年、東京都生まれ。東京理科大学卒。イラストレーター。山口県宇部市在住。著書に『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』など多数。最新刊は、コミックエッセイ『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎刊)。
★最新情報は、上大岡トメさんのトメサイズインスタTwitterもチェック!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ