新時代を幸せに生き抜く「やめ方・始め方」#5

コロナで夫婦関係はどう変化?円満・離婚のコツも解説

公開日:2021/05/31

更新日:2021/06/01

1
会員限定

新型コロナ感染拡大に悩まされたこの1年間、みなさんがどんな日々を過ごしていたのか、どんな変化があったのかを探ってきたこの特集も今回が最終回。アンケートでも少なくなかった家族関係の見直しについて、特に夫婦の関係について考えてみましょう。

コロナで夫婦関係はどう変化?円満・離婚のコツも解説

新時代を幸せに!プロが教える「やめ方・始め方」

新型コロナウイルスによって生活様式が大きく変わった1年間。ハルメクWEBでは読者のみなさんの「やめたこと・始めたこと」に注目! 断捨離・貯金や保険の見直し・人付き合い・家族など、新しい時代を生きるための情報を手に入れられる全5回の特集です。

  1. 新しい時代を幸せに生き抜くための「やめ方・始め方」
  2. コロナ禍で大流行の「断捨離」どうしたら成功する?
  3. 「お金のこと」 見直すポイントを人気FPが指南!
  4. 会えないからこそ見直したい「人間関係」の整理術
  5. コロナで夫婦関係はどう変化?円満・離婚のコツも解説←今ココ!

コロナで離婚が増加! 結論を出す時間も早まっている

熟年離婚派:夫婦の資産を明確に分けるには離婚しかない! 場合

お話を伺ったのは、ハルメクWEBの人生相談でもおなじみ、離婚カウンセラーの岡野あつこさん。これまでに、累計3万件を超える相談を受け、さまざまなカップルの関係修復や離婚のお手伝いをしてきました。

岡野あつこさん(以下、岡野さん)
「離婚にまつわる相談件数は増えています。30代、40代の若い世代が特に多いですが、世代に関係なく言えることは、決断・決着に要する時間が短くなっているということ。これまでは我慢したり、問題を先送りにする人が多かったのですが、決断してから行動するまで、どんどんスピーディーになっている実感があります」

50代、60代以降の離婚事情とは、どんなものなのでしょうか。

「シニア層の人は、別れよう、と思ったら、私のようなカウンセラーよりも弁護士のところへ行っちゃいます(笑)。それでも相談に来る方は、何とか修復しよう、あるいは別れるにせよ、なんとか円満に別れたい、という前向きな人が多いですね」

コロナで夫の定年退職を前倒しでシミュレーション?

コロナで夫の定年退職を前倒しでシミュレーション?

ハルメクWEBで2021年4月に実施した「コロナ禍でやめた・見直したこと」アンケートでは、この1年で家の中を見渡して断捨離をしたり、模様替えをした人も多数見られました。中には「夫婦の寝室を分けました」という人も!

「リモートワークをする人が増えて、日頃家に居ない人が昼間も自宅に居るようになりました。長年、昼間は別々だったのに、突然四六時中一緒に過ごすようになったんですから、摩擦も起きて当然。以前は、夜は大切な会話やコミュニケーションの時間だったのに、今じゃ『夜くらい、一人にさせて』です(笑)」

――ずっと夫が家にいる状態に「夫が定年退職したら、毎日こうなんだ……」と感じた人もいるようです。

「コロナはいつか終わりが来る。いずれまた通勤も始まるでしょう。でも定年退職はそうはいかない。こんな日がずっと続くのか……と離婚が脳裏にちらついた人もいるでしょうね」

リモートワークで不仲が始まったカップルは、ほとんどが同じ不満を抱えるといいます。

《妻の言い分》

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

浅野裕見子

あさの・ゆみこ フリーライター・編集者。大手情報出版社から専門雑誌副編集長などを経て、フリーランスに。AERAや週刊朝日、宝島社ムックなどに執筆中。インタビュー記事やノンフィクションを得意とする。子どもの頃からの大の猫好き。現在は保護猫ばかり6匹と暮らす。日本BBQ協会上級インストラクターでもある。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ