2021年人生相談スペシャル・3

人生相談:老いの受け入れ方は?時代についていけない

公開日:2021/01/24

5

特集「2021年人生相談スペシャル」は、読者の相談に3人の先輩(作家・曽野綾子さん、宗教評論家・ひろさちやさん、評論家・樋口恵子さん)が回答する、全8回の連載企画です。第3回は「老いを受け入れる方法」について、アドバイスをいただきました。

老いの受け入れ方は?時代についていけない
老いの受け入れ方は?時代についていけない

70代女性のお悩み「キャッシュレスについていけない」

「年齢を重ねて、できない事柄が増え、ちょっぴり切ないこの頃です。記憶力や視力が低下していきますが、世の中はキャッシュレス。スーパーのレジでも戸惑ってしまうことが多く、ついていけません」(72歳・東京都)

曽野綾子さん「十教わって、半分できたらそれでいい」

70代女性の人生相談:キャッシュレスについていけない

年とともにできないことが増える、キャッシュレスについていけない、当然じゃないですか。私もついていけないと思っているし、そう言っています。

自分でできるだけやって、毎回申し訳ないと思いながらレジの担当の方に教わればいい。十教わって半分しか覚えられなくても、それでいいんじゃないですか。

前の通りだったら私は普通にできるわけですから、システムを変えた向こうが半分悪いんです(半分は覚えられない私が悪いので反省しますが)。

でも、できないことがあるのが人間なんです。踊れる人、踊れない人。そろばんができる人、できない人。できないからこそ人の才能がわかったり、見える世の中があったりする。

私は50歳のとき一時的に目がほぼ見えなくなり、そのとき自分にマッサージの才能があると気付きました。うれしかったですよ。できない事柄が増えて新たに気付くこともあるのです。

ひろさちやさん「世の中に無理についていく必要はない」

70代女性の人生相談(老いの受け入れ方):ひろさちやさんの回答

人は、誰でも老いていくのが当たり前で、私ももう認知症かもしれません(笑)。

若い者に負けないぞと無理をして、世の中についていく必要はないんです。何でついていこうとするんですか。遅れれば遅れるほど面白いじゃないですか。

世の中が先に進み過ぎたら大変ですよ、安心して遅れればいい。

私は老いてできないことがあるのは当然で、のんびり、ゆったり、ほどほどに、いい加減に生きるのがいいと思うんです。

熱い湯が好きな人は熱いのがいい加減だし、ぬるい湯が好きな人はぬるいのがいい加減。十人十色、100人いれば100色のいい加減があるんです。

年を取ることだって、100人いれば100通りの老い方があっていい。

今は何でも効率よく、速くしていこうという流れがありますが、「そんなにあくせくしなさんな」と言いたいですね。

樋口恵子さん「多勢に無勢の流れには最低限慣れること」

70代女性の人生相談(老いの受け入れ方):樋口恵子さんの回答

老いとともに体力、知力が低下することは、残念ですがお諦めください。それが現実です。

でもありがたいことに老いは自分にだけ襲うものではないので、覚悟してみんなで老いれば怖くない。よたよたへろへろしながらお互いの“よたへろ”を笑い合い、支え合いましょう。

キャッシュレスへの変化は、確かに戸惑いますよね。

約20年前、ニューヨークのホテルのフロントで現金で払おうとしたら「クレジットカードにして」と言われ、「現ナマこそ確かなもの」という価値観の私はけんかをしたこともあります。

ただ、これは多勢に無勢です。

以前6~7人で電車移動したとき、みんなICカードを持っていて、切符を買う私を待ってくださったことがありました。これはいけないと私もICカードを持つことにしました。

それぞれご事情も主義主張もあるでしょうが、この方は私より10歳以上お若いので、最低限、慣れていかれたらどうでしょうか。

★特集「人生相談スペシャル」は全8回(2021年1月22日~29日・毎日更新)の連載企画です。第4回は「大切な人の死を乗り越える方法」について回答します。

■回答者のプロフィール

曽野綾子さん

回答者のプロフィール  曽野綾子さん

その・あやこ 作家。1931(昭和6)年、東京都生まれ。54年、聖心女子大学英文科卒業。93年、恩賜賞、日本芸術院賞を受賞、日本芸術院会員に。95年、日本放送協会放送文化賞受賞。2003年、文化功労者。12年、菊池寛賞受賞。95年から05年まで日本財団会長を務める。『孤独の特権』(ポプラ社刊)など著書多数。

ひろさちやさん

回答者のプロフィール  ひろさちやさん

宗教評論家。1936(昭和11)年、大阪府生まれ。東京大学文学部印度哲学科卒業。同大学院人文科学研究科印度哲学専攻博士課程修了。気象大学校教授、大正大学客員教授を経て、執筆活動、講演活動を続ける。難解な宗教思想をやさしく平易な言葉で解く。『生き方、ちょっと変えてみよう』(佼成出版社刊)など著書多数。

樋口恵子さん

回答者のプロフィール 樋口恵子さん

ひぐち・けいこ 評論家。1932(昭和7)年、東京都生まれ。56年、東京大学文学部美術史学科卒業。評論家。東京家政大学名誉教授。NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長。現在も講演、執筆活動を精力的に行っている。『老~い、どん! あなたにも「ヨタヘロ期」がやってくる』(婦人之友社刊)など著書多数。

取材・文=野田有香(ハルメク編集部) 撮影=中西裕人、門間新弥

※この記事は雑誌「ハルメク」2020年5月号に掲載した記事を再編集しています。

■もっと知りたい■

【特集】人生相談スペシャル

  1. 50歳からの生き方が人生を変える!悩みの向き合い方
  2. 人生相談:定年退職後の老後の過ごし方・生き方とは?
  3. 人生相談:キャッシュレスの時代についていけない
  4. 人生相談:大切な人の死を乗り越える方法は?
  5. 人生相談:親の介護が負担!兄弟姉妹で分担したい
  6. 人生相談:親を介護しても感謝されず、不満
  7. 人生相談:友達の誘いの断り方は?友人との付き合い方
  8. 人生相談:新型コロナウイルスの感染拡大が不安です

ハルメクWEBの読者企画!Q&Aコーナーがスタート

「ハルメクWEB」では、専門家の方に読者のお悩みにお答えいただくQ&A連載を2月からスタート予定です。人間関係や老後の生き方、お金や介護、恋愛についてなど、相談したい内容をお送りください。

応募はこちら

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ