キャッシュレス決済の基礎知識・前編

ポイント還元でお得!キャッシュレス決済の種類を比較

公開日:2020/05/27

8

「キャッシュレスはわかりにくい」という人のために、クレジットや電子マネー、スマホ決済など、キャッシュレス決済の種類別にポイントの貯め方・使い方をまとめました。2020年6月末まで実施中の、お得なキャッシュレス・消費者還元事業も紹介します!

キャッシュレス決済

キャッシュレスとは?ポイント還元で賢く節約しよう

キャッシュレスとは

キャッシュレスとは、その名の通り、現金(キャッシュ)を使わずに支払い・受け取りを行う決済方法のこと。

キャッシュレス=スマホ決済のイメージが強いので、お店で「キャッシュレスがお得です」と言われても、使い方がわかりにくい・使えないと思う人も多いようです。

「でも、実は、クレジットカード払いもキャッシュレスの一つです。現金で支払っていたら残高が減るだけですが、キャッシュレス決済ならポイントが貯まってお得ですよ」というのは節約に詳しい、丸山晴美さん。

キャッシュレスの一番のメリットは、現金の持ち合わせがなくても支払いを済ませられること。そして、100円で1ポイントなど、支払った金額に応じてポイント還元があるのも、キャッシュレスを使う人が増えている大きな理由です。
 

キャッシュレスのメリットは?

  1. キャッシュレスで支払うとお得なポイント還元がある!
  2. さまざまなお店で貯まったポイントを使える!
  3. 大金を持ち歩く不安がない、支払いの手間が減る!

 

キャッシュレス決済の種類とポイントの貯め方・使い方

「ポイントを無理なく貯めて、無駄なく使うのが、賢いキャッシュレスの活用法です」と丸山さん。

でも、ひと口にポイントといっても、クレジットカードで貯まるもの、Tポイントやdポイントなど、加盟しているお店で共通に使えるもの、お店独自のものなどがあります。

そこで、キャッシュレス決済の種類別に、その特徴とポイントの貯め方をまとめました。

1.クレジットカード・デビットカード:月ごとに、または即時に使用額が引き落とされる

クレジットカード・デビットカード

JCB、Visaなどクレジット会社と契約することで現金なしで買い物ができ、支払い日に一括で請求がきます。デビットカードは直接銀行口座から引き落とされます。

【ポイントの貯め方】
利用金額に応じて、100円で1ポイント、1000円で1ポイントなどカード会社や種類のルールに応じて貯まります。有効期限がある場合が多いので注意が必要です。

2.電子マネー・プリペイドカード:使う分だけ事前にチャージする前払い式

電子マネー・プリペイドカード

Suica、Pasmo、nanacoなど各会社が独自に発行したカード。あらかじめ現金をチャージして利用します。楽天Edyなどスマホアプリタイプもあります。

※チャージとは
電子マネーやコード決済を使うために入金すること。専用機で現金を入れる方法や、クレジットカードや銀行口座から入金する方法があります。事前に登録した額が自動で入金される機能をオートチャージといいます。

【ポイントの貯め方】
WAONなど各会社のポイントが貯まる場合と、クレジットカードからチャージする際に利用ポイントが貯まる場合があります。カード会社の選び方次第で2倍以上貯まることも。

3.スマホ決済(コード決済):スマホのアプリでコードを読み取る決済方法

スマホ決済

電子マネーのように現金チャージかクレジットカードにひも付けておき、アプリのQRコード、バーコードの読み取りなどで支払います。

【ポイントの貯め方】
コード決済加盟店のポイントの他、クレジットカードでチャージしていれば、クレジット分のポイントも貯まります。楽天ペイに楽天カードをひも付ければ3倍貯まることも。
 

還元されたポイントの使い方は?

どのキャッシュレス決済を利用した場合も、決済事業者からポイントは自動で付与されます(ただし、SuicaやPasmo、ICOCAなどの交通系電子マネーは、ポイント還元のための事前登録が必要です)。

還元時期は決済事業者により異なりますが、決済会社での支払いのタイミングで1か月分のポイントをまとめて還元するケースが多いようです。

還元されたポイントの使い方は主に下記の3つです。

使い方1:1ポイント=1円として支払いに使う
ポイントは各カードごとに貯まり、買い物の際に現金のように使える他、関連サービスの料金支払いへの充当も可能です。

使い方2:景品交換できる(各種商品、商品券など)
一般的に、1ポイント=1円相当として、ポイント運営会社の景品や商品券に換えることができます。

使い方3:他のポイントやマイレージに移行する
貯めたところだけでなく、使える場所の多いポイントやマイルなど、提携している先のポイントにそれぞれの換算率で移行できます。

 

お得なキャッシュレス・消費者還元事業は6月末まで!

キャッシュレス

買い物をするときに使うだけで、自動的にポイントが貯まる、お得なキャッシュレス決済。さらに、今は期間限定で最大5%のポイント還元があるので、これまでキャッシュレスになじみのなかった人が「キャッシュレスデビュー」する時期としておすすめです。

「消費増税の対策として、2020年6月30日までは、キャッシュレス・消費者還元事業が実施されており、最大5%のポイントが返ってきます。月12万円をキャッシュレスにしたら、それだけで6000円のポイントが戻ってくる、とってもおトクな制度なんです」

中小企業・小規模事業者が運営する店舗でのキャッシュレス決済は5%還元、コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗では、2%還元が受けられます。

なお、還元率2%となる大手コンビニ4社(セブン−イレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ)では、ポイント還元ではなく「即時2%割引」で対応しているため、決済事業者からのポイント還元を待つ必要がありません。

まだキャッシュレスを使ったことがない人も、この機会にぜひ挑戦してみてくださいね! 後編では、おすすめキャッシュレスサービス&ポイントの貯め方を紹介します。

■教えてくれた人

丸山晴美さん

まるやま・はるみ 節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナー。テレビや講演会で節約やお金の管理運用などのアドバイスを行う。
 

取材・文=原田浩二、長倉志乃(ともにハルメク編集部) イラスト=みやしたゆみ
監修=丸山晴美

※この記事は2019年10月号「ハルメク」に掲載された内容を再編集しています。


※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

■もっと知りたい■

キャッシュレス決済の基礎知識

>>そのほかの「お金」関連記事はこちら
 

 

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ