この春もスニーカー人気が止まらない!

【前編】厚底スニーカーで脚長スタイルアップコーデ

公開日:2022/02/09

更新日:2022/03/09

8

ちょっとした外出時に便利な「スニーカー」が、引き続き人気。中でも、この春注目を集めている「厚底スニーカー」を、前後2編でご紹介!前編では厚底スニーカーを投入したおすすめコーディネートをピックアップします!

厚底スニーカーでスタイルアップ!

50代もOK!厚底スニーカーなら楽々脚長が叶う

コロナ禍で人々の心境に変化が生まれ、着用していて楽なアイテムを選ぶ方が多くなっています。中でも、ちょっとした外出時に便利な「スニーカー」が、引き続き人気。今まではオフの日に履くもの、という認識が強かったスニーカーですが、今ではお仕事にも履いていく人が増えていて、支持率の高さを実感できますよね。

ちまたには、スポーツメーカーからラグジュアリーブランドまで、本当に数多くのスニーカーが登場しており、その種類も豊富。例えば、ローカットスニーカー、ハイカットスニーカー、ローテクスニーカー、ハイテクスニーカー、ダッドスニーカーなどが挙げられますが、この春注目を集めているのが「厚底スニーカー」です。

別名「プラットフォームスニーカー」とも呼ばれ、ソール部分が分厚いスニーカーを指します。厚底になっているため、身長を底上げできるので、脚長効果が期待できる頼れるアイテム! 足元にボリュームが出やすいので、初心者の方は5cmほどの低めモデルをセレクトするのがおすすめです。

それでは早速、厚底スニーカーを投入したコーデと、おすすめスニーカーをピックアップします!

 

【厚底スニーカーコーデ1】ブラックを選んでコーデ全体を引き締めて

WEAR
出典:WEAR

クッション性の高さとボリュームソールが魅力な厚底スニーカー。履き口まわりのなじみが良く、かかとの狭い人にもフィットする一足です。トレンド感のあるボリュームスニーカーは、デイリースタイルにはもちろん、アスレジャースタイルにもおすすめ。ブラックカラーのスニーカーを投入すれば、引き締め効果が期待できます。

「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」のVネックカーディガンとスウェットパンツを合わせることでリラックス感のあるコーデを完成させています。プチプラアイテムとは思えないほど高見えを叶えていて、お手本にしたいコーディネートです。

 

【厚底スニーカーコーデ2】白スニーカーで軽やかに

WEAR
出典:WEAR

白の厚底スニーカーを投入したコーデ。トレンド感のあるスニーカーは、ファストファッションで賢く手に入れるのも一つの方法。シンプルなデザインなので、どんなコーデとも相性抜群。

こちらの「H&M(エイチ&エム)」靴はトレンドを押さえつつ癖がないので、取り入れやすいのが魅力的。また、積極的にリサイクル素材やエコレザーを使用しており、サステナブルなアイテムなので、大人女性も納得して選ぶことができます。

ボーダートップスの上に、デニムワンピースを羽織れば、春らしいコーデの完成。オールシーズン着用できるデニム素材のワンピースは、ワードローブに一枚持っていると活用頻度が上がります。襟元はスッキリ見えるバンドカラーなので、スポーティになり過ぎず大人カジュアルスタイルを楽しめますよ。トレンドに流されないデニムワンピは、定番アイテムとして揃えておきたい。

【厚底スニーカーコーデ3】モード感のあるスタイリングにもぴったり

WEAR
出典:WEAR

オランダ出身の建築家レム D コールハース氏とイギリスの老舗靴メーカー「CLARKS(クラークス)」の靴職人が手がける「UNITED NUDE(ユナイテッド ヌード)」の厚底スニーカー。アッパーにはストレッチ性のある素材が使用されているため、フィット感があり履き心地が抜群です。厚底なのに歩きやすく、程よいボリューム感でスタイルアップ効果が期待できる一足です。

グレーカラーのニットトップスに、ワンショルダーのオールインワンを投入することで、モード感のあるスタイリッシュなコーデに。オールインワンは、ウエスト部分の締め付けがないので、おうち時間にもぴったりです。

厚底スニーカーを投入したコーディネートはいかがでしたか? 後編記事では50代にもオススメの厚底スニーカーをご紹介しますのでお見逃しなく!

■もっと知りたい■

オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ>

遠藤友香

ファッションディレクター。大学卒業後、アシスタントを経てスタイリストとし独立。ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、「ISTITUTO MARANGONI ミラノ校」FASHION STYLING修士課程修了。現在、新聞、TV、雑誌、WEB等、幅広い場で活躍。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ