遺言・お金・家…もめない!「相続」の基本#5

住まない実家を相続したら…空き家で確認すべき6項目

公開日:2023.08.03

相続にまつわる困り事について、知っておきたい知識と今からできる準備をお金と相続問題の専門家に聞く最終回。今回は相続時に分けづらく、時には負の遺産にもなりえる「家」の相続対策について聞きました。

教えてくれたのは、お金と相続問題の2人のプロ!

平田久美子(ひらた・くみこ)さん

平田久美子税理士事務所代表、税理士、行政書士、CFP、1級FP技能士。相続税の申告や、相談に多数の実績がある。著書に『老老相続 弁護士と税理士が伝えたい法務と税務』(清文社刊)、『相続税相談所』(中央経済社刊)など。

野谷邦宏(のや・くにひろ)さん

相続士・遺品整理士。一般社団法人しあわせほうむネットワーク代表・司法書士法人リーガルサービス代表。司法書士、行政書士、1級FP技能士。著書に『まるわかり! もしもの時の手続き・相続 完全ガイド』(クロスメディア・パブリッシング〈インプレス〉刊)など。

売る・利用する・寄付する…空き家は早めに対策を!

不動産を相続した場合、固定資産税や管理が負担になり、処分はしたくても特別な思い入れがあって踏み切れないといったケースは増えています。

売る・利用する・寄付する…空き家は早めに対策を!

「資産としては価値がないため、売りたくても売れない、リフォームして賃貸にしたくても、魅力的な場所ではないといった理由で空き家として放置されてしまうこともあります」と話すのは、相続士・遺品整理士の野谷邦宏さん。

その際は「ある程度、合理的に第三者的な専門家の意見を入れて、早期に売却、承継、賃貸など明確な方向性を見出した方がいいです」と言います。次の6つの項目を調べた上で、方針を決めるのがいいでしょう。

空き家で確認しておくべきこと6つ!

...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

雑誌「ハルメク」

女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

コメントを書く

  • こんにちは、編集担当のたけたけです。住んでいない家、お持ちですか?みなさんの感想をお待ちしています。

みんなのQ&A みんなのQ&A

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加