「老け見え服」を手放しておしゃれに

衣替えで服を捨てる基準は?服の片付け・収納のコツ

公開日:2020/09/03

28

やましたひでこさんが提唱する断捨離や、必要最小限の物だけで暮らすミニマリストの人気もあり、服を手放す人が増えています。服が捨てられない人のために、スタイリスト・大沢早苗さんに、衣替えで服を捨てる基準と服の片付けのコツを聞きました。

衣替えで服を捨てる基準は?
衣替えで服を捨てる基準は?

服の片付けに読者が挑戦!手放すべき服の選び方

「自分に似合う服がわからなくなってきた」「毎日、服を選ぶのが面倒」……その理由はクローゼットの中に、手放すべき服と今着る服が混ざっているから、とスタイリストの大沢早苗さんは言います。

そこで実際に、読者・Mさん(65歳)の自宅でクローゼットをチェックしながら、手放すべき服・今の自分に似合う服の選び方を教わりました。

30年以上、服をほぼ捨てたことがないというMさん。自宅のタンスやクローゼットには、隙間なく服が詰め込まれています。

クローゼットには、クリーニング後の服もそのまま掛けられていて、すでにパンパン! なのに「大半はまったく着ていない服なんです」というMさんに、大沢さんもびっくり。

Before:捨てられない服でパンパンのクローゼット
Before:捨てられない服でパンパンのクローゼット

タンスには1mmの隙間もなく服がびっしり。でも普段着る服は手前のほんの一部だけ。探すだけでなく、シワを取るのにも手間がかかり、面倒な作業が倍増してしまいます。

Before:詰め込まれた大量の服から探すのも一苦労
Before:詰め込まれた大量の服から探すのも一苦労

買った服をたんすにしまい込んで忘れ「値札をつけたまま放置したり、似たような服を買い足したりしてしまうこともある」というMさん。着ないまま傷んだ服も見つかりました。

Before:タンスも使わない服でぎっしり!
Before:買い足した服もタンスの肥やしに……

似合う服は変化して当たり前!思い込みは捨てること

クローゼットやタンスにたくさん服はあるのに「着たい服がなくていつも同じ服の悪循環」だというMさん。

「おしゃれも買い物も大好きですが、最近は似たような服装ばかりで、いまいち自信が持てません。でも、またいつか着ると思うと、どうしても服を捨てられないの」

そんなMさんに「着たくない服の中から服を選ぶ……毎日その繰り返しだと疲れますよね」という大沢さん。

「お気に入りの服の中から選べるようになれば、おしゃれへの向き合い方も前向きに変わっていくはず! 加齢で体形や肌色が変われば、似合う服も変わります。おしゃれの思い込みを捨てて、服のラインナップを更新しましょう」

スタイリスト・大沢早苗さん
スタイリスト・大沢早苗さん

大切なのは、毎日使うクローゼットやたんすには、今の自分に似合う服だけを残すこと。自分の体形や肌の色をきれいに見せて、着まわしやすい服を選びましょう。

服の片付け・衣替えのコツ1:「老け見え服」を手放す!

50代以上の女性がまず手放すべきは、体形や肌の色の変化を強調する「老けて見えてしまう服(老け見え服)」。

昔は似合っていても、今はどうですか?「似合う」の思い込みを更新するには、着てみて、鏡の前で見るのが一番です。

大切なのは、服を着る“今の私”がどう見えるか、です。衣替えで服を捨てる基準と残すべき「今の自分に似合う服」をチェックしていきましょう。

服を捨てる基準1:シワがつきやすい素材

服を捨てる基準1:シワがつきやすい素材
服を捨てる基準1:シワがつきやすい素材

すぐシワになる綿素材の服は、だらしなく疲れた印象になりがち。シルク混の素材など、シワになりにくいなめらかな素材のものだけを残しましょう。質のよさは、清潔感や上品さにつながります。

大人女性に似合う服は、「光沢やハリのある素材の服」です

似合う服:光沢やハリのある素材の服
似合う服:光沢やハリのある素材の服

ツヤ感やハリ感のある素材は上品な印象に見えるので、50代以上の女性におすすめです。

服を捨てる基準2:体のラインが出る服

服を捨てる基準2:体のラインが出る服
服を捨てる基準2:体のラインが出る服

ぴったりしたラインの服の場合、ぽっちゃりさんは背中や二の腕など気付きにくい部分を、ほっそりさんはぽっこりお腹など、気になる部分を悪目立ちさせるだけ。姿勢も悪く見えますよ。

大人女性に似合う服は、「シンプルでゆとりがある服」です

似合う服:シンプルでゆとりがある服
似合う服:シンプルでゆとりがある服

体のラインを程よく隠すサイズ感がGOOD。装飾がないデザインの方が着まわせます。

服を捨てる基準3:あいまいな中間色

服を捨てる基準3:あいまいな中間色
服を捨てる基準3:あいまいな中間色

年を重ねた肌にとって、グレーやベージュ、ブラウンなどの中間色は、くすみを強調してしまうことも。肌の色や顔立ちにもよるので、実際に着て、鏡の前で肌映りをチェックして。

大人女性に似合う服は、「肌映りがいい明るい色の服」です

似合う服:肌映りがいい明るい色の服
似合う服:肌映りがいい明るい色の服

肌のくすみやほうれい線が目立ちにくい色を選びましょう。肌を明るく見せる薄いピンクや白は、おしゃれに見せる鉄板アイテムです!

服を捨てる基準4:カジュアル過ぎるパンツ

服を捨てる基準4:カジュアル過ぎるパンツ
服を捨てる基準4:カジュアル過ぎるパンツ

若者向けのパンツは低価格で使い勝手はいいですが、50代以上の女性が履くと、普段着というより、もはや作業着。サイズが合っても、シルエットや素材が年相応ではありません。

大人女性に似合う服は、「白やカーキのパンツ」です

似合う服:白やカーキのパンツ
似合う服:白やカーキのパンツ

品よくカジュアルダウンするなら、この2色がおすすめ。ただし、老け見えしないよう、上質な素材のものを選びましょう。

服を捨てる基準5:ひざが出るスカート

服を捨てる基準5:ひざが出るスカート
服を捨てる基準5:ひざが出るスカート

ひざが出るスカート、ふんわり広がるスカートは“若々しい”というより“若作り”。ひざの黒ずみも目立ちます。実年齢より若過ぎるデザインの服は、老け見えの原因です。

大人女性に似合う服は、「ロング丈のタイトスカート」です

似合う服:ロング丈のタイトスカート
似合う服:ロング丈のタイトスカート

重視すべきは、生地の厚み。体のラインを拾いすぎない、厚手の素材を選びましょう。

大人女性が避けるべき「老け見え」デザインとは?

洋服の中でも、数が増えやすいのが、Tシャツやシャツ、チュニックなどのトップスです。

デザインによっては、老け見えの原因になるので「今の自分に似合う服」かどうかをチェックしましょう。

小花柄など細かい柄

NGデザイン:小花柄など細かい柄
老け見え服:小花柄など細かい柄

年を取るとまぶたがたるんで輪郭がゆるみ、顔の印象がぼやけがち。細かい柄ものを合わせると、より全体的にぼやけて見え、存在感がなくなります。大柄の方が華やかで素敵です。

フリルやレースなど甘めのデザイン

老け見え服:フリルやレースなど甘めのデザイン
老け見え服:フリルやレースなど甘めのデザイン

肩や襟まわりの丸みがかったデザインや、フリルやレースなどの装飾は、50代以上の女性には、無理しているように見えがちなアイテム。着まわしにくいのも難点です。

メリハリのない素材・色のチュニック

老け見え服:メリハリのない素材・色のチュニック
メリハリのない素材・色のチュニック

チュニックは体形カバーの代名詞ですが、お尻全体を覆い隠す厚手の素材や、メリハリのない色は、むしろ膨張して見えて逆効果に。着るときは必ず後ろ姿もチェックすること。

まだある!秋の衣替えで捨てるべき冬物衣類

衣替えは今持っている洋服を見直すチャンス。東京では最低気温が18度を切る9月下旬から10月頃が、秋の衣替えのタイミングです。

セーターやコートなど、これから着る予定の冬物衣類の中から、捨てるべき服を選びましょう。特に大人女性が注意したい冬アイテムと、チェックポイントを紹介します。

タートルネック

要注意アイテム:タートルネック
【NG】首元がぴったりしたタートルネック

痩せ型の人は首のシワが隠れる上、小顔効果も。ただし丸顔や顔のたるみは強調されます。50代以上の大人女性が選ぶなら首元にゆとりがあるオフタートルがベター。

厚手のセーター

要注意アイテム:厚手のセーター
【NG】厚手のセーター

コートを着ると着ぶくれするため、温度調節が難しい厚手のセーター。ヒートテックなど薄手のインナーを重ね着して温度調節するのが、おしゃれに見える賢い方法です。

ダウンコート

もこもこしているダウンコートは、お尻が隠れる丈だと、メリハリがなくなりいっそう着ぶくれます。ウエストがシェイプされているデザインなら安心です。
 

【OK】ウエストシェイプのダウンコート
【OK】ウエストシェイプのダウンコート

服の片付け・衣替えのコツ2:ゆとりをもって収納する

こうして服を捨てる基準に沿って整理すると、手元に残るのは、体形や肌の色をきれいに見せてくれて、着まわしやすい「今の自分に似合う服」だけに絞られます。

あとは、クローゼットやタンスに、使いやすく収納するだけでOK。服を減らすだけで、おしゃれがラクに楽しめるようになりました。

服の片付けのポイント1:アイテム別・色別に分ける

After:すっきり整理されて、服が探しやすい!
After:すっきり整理されて、服が探しやすい!

トップス、ワンピース、アウターとアイテム別に分け、濃淡で並べ替え。タンスの中は、仕切り用のケースを入れて、同じくアイテム別と色別でまとめました。

服の片付けのポイント2:出し入れしやすいゆとりを持つ

After:すっきり片付き、使いやすくなったクローゼット
After:すっきり片付き、使いやすくなったクローゼット

服が減り、ゆとりが生まれたクローゼットは、服が格段に出し入れしやすくなりました。

「服を探しやすいから、何を着ようかあれこれ迷うのも楽しくなりました」とMさん。

After:出し入れもラクに。着たい服の中から探すって楽しい!
After:出し入れもラクに。着たい服の中から探すって楽しい!

服の片付けのポイント3:服を増やさないルールを作る

出し入れしやすいゆとりをキープするには、服を手放すタイミングを見逃さないことが大切です。クローゼットのハンガーは同じものでそろえ、今ある量から増やさないルールに。

After:クローゼットはハンガーを服の量の目安に
After:クローゼットはハンガーを服の量の目安に

タンスにしまう服も、手の甲がすんなり入るくらいゆとりを持って入れます。年2回の衣替えはもちろん、ルールを守るのが難しく感じたときも、服を見直すタイミングです。

After:タンスは手の甲が入るゆとりが目安
After:タンスは手の甲が入るゆとりが目安

「今の自分に似合う服」を組み合わせておしゃれに変身!

最後に紹介するのは、今ある服を生かしてもっと素敵になる方法です。大沢さんがMさんに提案したのは、気になる下半身がすっきり見える、上品なスタイルでした。

シンプルコーデはスカーフで華やか&さらに細見え!

体形がキレイに見えるシンプルコーデ
体形がキレイに見えるシンプルコーデ

ゆったりしたセーターとクロップドパンツのコーデは、ヒールのない靴でもすらりと見えます。「黒×紺は、品よく見えて、スカーフの色柄を選ばない色合わせ」と大沢さん。

着まわすより手軽に印象が変えられるのが、スカーフ&ストール使いです。

柄入りのスカーフは、縦ラインを強調して、目線を上に向ける効果も。

柄入りスカーフで視線を上に!
柄入りスカーフで視線を上に!

大判のストールは、ゆったり巻けば小顔効果が期待でき、冬は防寒にもなります。

大判のストールには小顔効果も
大判のストールには小顔効果も

素材・色合わせで若見せ!品のあるカジュアルスタイルに

若々しくて品のあるカジュアルスタイル
若々しくて品のあるカジュアルスタイル

Mさんが普段は着ないという、光沢がある素材のカーディガンと白いパンツを組み合わせたら、旬のスタイルに! 

気になるお腹まわりも「ウエストは隠さず、むしろ出した方が実は目立ちません」と大沢さん。パールのネックレスを普段着に合わせると、装いも振る舞いにも品が出ます。

下半身すっきり&メリハリも!大人の「引き算」コーデ

大人の引き算コーデでエレガントに
大人の引き算コーデでエレガントに

「下半身のボリュームやラインを隠して脚をすっきり見せるタイトスカートは、50代以上の女性にこそ活用してほしいアイテム」と大沢さん。

なるほど、ラメ入りのゆったりしたカットソーを合わせただけで、こんなに素敵になりました!

「手放す理由を頭では理解しているつもりでしたが、実際に着て、鏡で見て大いに納得。丈やシルエットは着てみないとわからないものですね。何年も前に買った服なのに、組み合わせ方で今風に生かせるんだと驚きました」とMさんもうれしそうです。

手持ちの服でこんなにステキになりました!

大人のおしゃれでこだわるのは量より質です

服を買うとき、装飾がついていないとちょっと損した気分になりませんか? それは大間違い。

こだわるべきは、素材の質のよさやシルエットの美しさ。この見えない部分のこだわりが、身に着けたとき品のよさとなってにじみでます。

選ぶときも、今後買い足すときも、このことを、どうぞお忘れなく!

■教えてくれた人

大沢早苗さん


おおさわ・さなえ スタイリスト。著書に『大人のわたしに似合う服』(大和書房刊)などがある。個人向けに手持ちの服の見直しや、買い物に同行する「おしゃれカウンセリング」が好評。

スタイリング=大沢早苗 取材・文=長倉志乃(ハルメク編集部) 撮影=菅井淳子 ヘアメイク=小島けさき

※この記事は、雑誌「ハルメク」2019年11月号に掲載された内容を再編集しています。


「ハルメク」2020年10月号はファッション特集!

「ハルメク」2020年10月号はファッション特集!

雑誌「ハルメク」2020年10月号のファッション特集は、「今ある服で何だか素敵に見えるコツ」がテーマ。今回、ストールの巻き方を一部ご紹介した「小物使いでいつもの服を新鮮&上品に!」の他、

  • 体系カバーしながら、10秒であか抜けるコツ
  • 3色で、地味色服をきれいに明るく!
  • タンスの肥やし服がよみがえるコーディネート
  • 髪型が素敵に変わるホームケアのコツ10

などをご紹介!

>>立ち読み・お申し込みは、雑誌「ハルメク」のサイトから。

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

■もっと知りたい■

古着でワクチン

ハルメク通販サイトから、特別版「ハルメク 古着でワクチン」3980円(税込)の回収袋を注文できます! 家の片付けをしながら、社会貢献しませんか?

特別版「ハルメク 古着でワクチン」は「古着deワクチン」を運営する日本リユースシステム株式会社と協力し、生まれたサービスです。通常一口につき、ポリオワクチン5人分の寄付となりますが「ハルメク 古着でワクチン」なら、3倍の15人分を贈ることができます。さらにご注文いただいた方には、ハルメク通販でご利用いただけるポイントを300ポイント差し上げます。

詳しくは、ハルメク通販サイトをご確認ください。

 

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ