こころが騒いだときこそがチャンス(7)

他人とシェアするというライフスタイル

公開日:2022.06.26

55歳で移住を決めた竹馬子です。2023年春(2022年秋より延期)に、生活クラブ“産地で暮らす”山形県酒田市へ移住します。今回は、他人とシェアするライフスタイルについてです。

他人とシェアするというライフスタイル
庭のフェンネル、種取りが待ち遠しい!

家で過ごす時間が幸せなら、人生の半分はもう幸せで満ちている

家にいる時間って、人生の中で結構長い。だったら、心地よくなるように演出するのが一番です。

住まいは、パートナーのようなもの。一人暮らしを長年していると、自分のライフスタイル、暮らしに求める条件や好みが、だんだんとはっきりとしてきます。

今のシェアハウスは居心地がよく、今年(2022年)で7年目になります。つまり7年も付き合ってきたということになりますね。

移住という人生の転機を迎え、いよいよ来月いっぱいで引っ越すことにしました。大きな決断ができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

家で過ごす時間が幸せなら、人生の半分はもう幸せで満ちている
みずみずしい青じそ、毎日の食卓にかかせません!

他人と住むという選択

シェアハウスで一緒に住む方々は、年代も、仕事も、さまざまです。

玄関は一つ、キッチンやリビング、水回りは共有です。疲れて帰ってきて、今日は誰とも顔を合わせず、部屋でゆっくりしたいなって日もあります。そんなときは、玄関から部屋へ直行です。お互いがそれぞれの個性やライフを尊重して、無理なく、我慢せず、自由に暮らせるのが、とっても気に入っています。

移住先の酒田では、二拠点生活をされる方と部屋をシェアする予定です。

お互いが気持ちよく暮らせるように、定期的に気になることを話し合っています。住居費、水道光熱費や消耗品など、こまごまとしたことは、同意書を作成しましょうと決めました。家電製品は、サブスクリプションレンタルを利用予定です。

庭のある暮らしを楽しむ

わたしの住んでいるシェアハウスは、庭と畑があります。畑では、今トマトやモロヘイヤ、つるむらさきなどの夏野菜の苗が伸び盛りです。

一方、ハーブを学びながら育てている仲間もいて、ラベンダーやマロウが発芽しています。偶然に入手した綿の種を撒いてくれた仲間もいます。コットン畑が庭にできて、綿が収穫できたらうれしいですね。

最近のマイブームは、タイムやミントの花や葉をドライにして、部屋のアクセントにすること。防災対策で購入したソネングラスに彩りが加わりました。

庭のある暮らしを楽しむ
乾燥させたタイムの花
庭のある暮らしを楽しむ
にんじんの間引き菜はドレッシングやスープにします

 

■もっと知りたい■

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加