諦めなければ、まだまだ方法はある

どうやって頑固な認知症の父を説得しようか(2)

公開日:2022/03/05

4

正直、市役所の認知症相談室に電話しても、思うような回答はしてくれないだろうな、と思っていました。ところが、「認知症初期集中支援チーム」のことや病院の紹介など、いろいろ教えてくださり、まだまだ方法はあるんだという希望が持てました。

どうやって頑固な認知症の父を説得しようか(2)

認知症相談室の回答

前回は、認知症の父(82歳)の対応に困った私が、市役所の認知症相談室に電話したところまで書きました。

認知症相談室では、これまでの経緯や、現在は訪問看護サービスを中断していることなどを説明。週1回でもいいからデイサービスに通って欲しい、という希望を伝えました。

認知症相談室の回答

そこで、一つの方法として「認知症初期集中支援チーム」を利用してみてはどうですか? と提案されました。

「認知症初期集中支援チーム」???

初めて聞く言葉です。

認知症初期集中支援チームとは?

【認知症初期集中支援チーム】とは、家族からの訴えがあれば、認知症が疑われる人の家を訪問し、適切な医療や介護を受けられるように支援してくれるチームのことだそう。

チームのメンバーは、専門医、保健師、看護師、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士など、それぞれの専門分野に特化した人たち。

認知症初期集中支援チームとは?

 

チームのメンバー数名が、自宅を訪問し、健康診断や簡単な問診をしながら、認知症外来がある専門病院への通院や父がデイサービスを利用する気になるよう、支援してくれるそうです。

ただし、期間は6か月。

はたして、6か月で父を説得できるのか。訪問看護を嫌がっている父が、訪問医療を受け入れてくれるのか。お医者さんが来たら、また、追い返すのではないだろうか?

などなど、いろいろ考えると不安でしたが、やってみないとわからないと思い、その話を受けることにしました。

残念ながら対象ではなかった

けれど後日電話があり、詳しく調べてみると、父は支援を受ける対象ではなかったと言われました。

対象からはずれた理由は、父はかかりつけ医を持っていること、過去に何度か認知症検査を受けていることでした。

「市役所の人がすすめてくれはるから、この話を受けたのに。残念」

残念ながら対象ではなかった

がっかりしたのですが、さすが市役所です。ちゃんと次の手を考えてくれていました。

まだまだ方法はある

正直、市役所の相談窓口に電話しても、これまで何度も言われたように「困りましたね~」「家族の人が背中を押してあげないとダメですよ」という対応しかされないんだと思っていました。

ですが、いろいろ打開策を考え、さらに途中からはケアマネさんと連携して相談に乗ってくださり、本当にありがたかったです。

まだまだ方法はある

さて、今回の話はここまでです。ここから先、まだまだいろいろあるのですが、それはまた次回に続きます。

 

■もっと知りたい■

家事代行会社に勤務。整理収納アドバイザー。子どもは男子3人。大腸の機能障害で、闘病中の3男が寛解したと思ったら、今度は実父(要介護1)が認知症に。ここ数年は看病&介護と縁が切れません。現在、週1で実父を介護中。認知症の父とのリアルな介護経験をつづっていきたいと思います。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ