猫と映画が私のストレス解消法

心のゆとりを取り戻すリフレッシュ法

公開日:2021/10/02

3

介護をしているとだんだんたまっていくストレス。でも、認知症の介護には、心のゆとりが大切なんですよね。いつも「にこにこ」というわけにはいかないけれど、せめて父といるときは笑顔で接したいと思っている、私なりのリフレッシュ法をご紹介します。

心のゆとりを取り戻すリフレッシュ法

癒やしの存在、2匹の猫「トラ」と「シャナ」

介護をしていると、自分の時間が自由に使えない不満や、母のグチを聞くしんどさで、だんだんストレスがたまっていきます。認知症の介護は、介護者の心のゆとりが大切だと言われています。私も、ストレスのたまったイライラした気持ちで父に接すると、後で絶対に後悔するので、リフレッシュすることを心がけています。

そんな私の癒やしが二匹の猫。一匹は、今年で14歳になる雄猫「トラ(雑種・サバトラ柄)」。

癒やしの存在、2匹の猫「トラ」と「シャナ」

もう一匹は、昨年我が家にやってきた雌猫「シャナ(雑種・スモーキーグレー柄)」。

癒やしの存在、2匹の猫「トラ」と「シャナ」

シャナが来た当初は「シャー シャー」威嚇していたトラですが、最近やっとお互い仲良く寝るようになりました。

癒やしの存在、2匹の猫「トラ」と「シャナ」

猫も子育てと似ていて、同じように接して、同じように育てているのに、個性の違いが出てきますね。

トラはのんびり、マイペース。我が家の営業部長で、いらっしゃったお客さまには、必ずご挨拶してくれます。シャナは、自己主張が強くてお姫様気質。怖がりなので、知らない人が来るとすぐに逃げます。

実家と買い物、仕事以外は外に出ないインドアな私が、唯一外に出る時間が、猫と散歩をするとき。

癒やしの存在、2匹の猫「トラ」と「シャナ」

猫と散歩をしていると、最初の頃はびっくりされましたが、今ではご近所さんも慣れて挨拶してくれるようになりました。猫とゆっくり散歩して、同じ景色を見ていると、心ものんびりしてきます。

本当は二匹を連れて散歩に行きたいのですが、怖がりシャナが庭から外に出ようとしないので、まだ実現できていません。

手のひらサイズのマイ映画館

なんだかもやもやしたり、イライラしたり。そんなときは、スマホで映画を楽しむことにしています。

手のひらサイズのマイ映画館

私が利用しているのは、無料で動画が楽しめるサイト『GyaO!』

最近見たのは『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』です。主人公のキャラクターと謎解きの面白さにすっかりはまってしまい、原作を図書館で借りたほど。こんなふうに、原作にはまれるほど面白い作品に出会えたときは、うれしいですね。

作品がきっかけで読みたい本が増えたり、観たい監督の作品が増えたりすると、自分の世界がさらに広がるような気がします。

こんな超インドアな私のリフレッシュ法ですが、コロナ禍の今に、ぴったりではないでしょうか?

 

■もっと知りたい■

家事代行会社に勤務。整理収納アドバイザー。子どもは男子3人。大腸の機能障害で、闘病中の3男が寛解したと思ったら、今度は実父(要介護1)が認知症に。ここ数年は看病&介護と縁が切れません。現在、週1で実父を介護中。認知症の父とのリアルな介護経験をつづっていきたいと思います。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ