落語自由自在27

オンライン落語会を初体験~第1回文蔵組落語会~

公開日:2020/05/14

0

落語が大好きなさいとうさんの落語体験記。落語を聞いて笑うことが、さいとうさんにとって元気の源なのだそう。今回は新型コロナウイルスの影響で、インターネットでのライブ配信となった寄席を体験しました。

@misuteriasu15 twitterより
@misuteriasu15 twitterより

2000円を払ってオンラインの寄席を体験!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ついに都内の寄席は、5月6日まで全館休館となりました。ホール落語も中止や延期の憂き目にあっております。

そんな折、Twitterに『有料オンライン:第1回文蔵組落語会』の告知がありました。組員限定のイベントですが、時節柄オンライン無観客落語会です。「組員は無料、文蔵組のPRも兼ねてシャバの方は2000円で配信、あなたも構成員になりませんか?」というお誘いもありました。

こんなときにどさくさに紛れて構成員になり、ちゃっかり無料で観るのはあんまりだと思い、〔チケットを申し込む〕をクリックし、購入しました。

ゲストは三遊亭兼好師匠。4月4日に【兼好一番・三遊亭兼好独演会】に行く予定でしたが、中止になってしまいましたので、オンラインで視聴できるのはありがたいと思いました。

 

橘家文蔵師匠は、どんな人?

@misuteriasu15 twitterより
@misuteriasu15 twitterより

開演まで少しお時間がありますので、ここで組長?橘家文蔵師匠のご紹介を致します。

1986年に二代目橘家文蔵に入門、前座名はかな文で90年二つ目に昇進、文吾と改名し2001年真打昇進。文左衛門と改名し、2004年彩の国落語大賞殊勲賞受賞、2016年三代目橘家文蔵を襲名する。

がっしりとした体格とドスの効いた威勢の良い口調で、豪快な乱暴者キャラを見事に演じます。2003年から「BS笑点」に出演、強面キャラを発揮し、楽屋の模範囚として人気を集めました。入船亭扇辰・柳家小せんと「三K辰文舎(さんけいしんぶんしゃ)」というユニットを結成し、落語&音楽ライブで活躍しています。

ちなみに翌日は、特別企画【三K辰文舎in渋谷らくご】有料オンライン生配信がありますので、その模様はまた詳しくレポート致します。

19:00 いよいよ開演です。今夜はスマホで視聴しますので、映像と音声に不安がありますが、配信する方も初めてなので「なんなりと仰ってください」とのことですので、終演後なんなりと言おうと思っています(笑)

 

オープニングトーク

@misuteriasu15 twitterより
@misuteriasu15 twitterより

スカジャンにお面をかぶった文蔵組長登場、兼好師匠は普段から和服なので今夜も着流しです。

案の定、活舌の良い噺家二人をもってしても、インターネットの通信の関係で、声が聞き取りにくいです。これ失敗かも? 2000円払ってこれはいただけないと思いつつも、耳を澄まします。

「ドン・キホーテでマスクを売っていると言うので、買いに行ったらこれでした」と文蔵師がお面を外して見せます。「これ被ったら、みんな近づかないので、コロナ対策に持ってこい」と言っています。
どうやらマイクの位置が悪いようです。このまま落語になったら嫌だなと思いつつもじっと我慢し、聞き入りました。終演後に、聞きづらかったと報告しましょう。

 

「からぬけ」 橘家文太

開口一番は、文蔵師匠のお弟子さんで、2月に二ツ目に昇進した文太さんでした。声がしっかり聞こえます。これまで見ていたYouTube等の映像と違ってきれいです。これなら納得です。

「からぬけ」は本来は「穴子でからぬけ」ですが、略して「からぬけ」と言うこともあります。与太郎をバカだと思っていると、足元をすくわれるという話です。源さんが与太郎にからかわれる部分に笑いが起きます。スマホの小さな画面に、もう釘付けでした。

 

「崇徳院」 三遊亭兼好

@misuteriasu15 twitterより
@misuteriasu15 twitterより

「コロナで仕事が飛んでしまい、今日は久々の落語です」と、いつもの兼好節が始まりました。「見事に全部仕事はなくなりまして」と聞くと、チケット代を払って、少しでもお役に立ててよかったとしみじみ思いました。それにしてもこの高座がある狭い空間は一体どこ?と考える間もなく、画面に引き込まれていきます。

「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の 割れても末に逢わんとぞ思ふ」の崇徳院の歌を手掛かりに、若旦那のために江戸中を歩き廻る熊さんの奮闘ぶりを、面白おかしく描きます。熊さんとおかみさんのやり取りに大笑いし、ついに床屋で尋ね人に出合います。

そしてお互いの店に来いと、もみ合っているうちに、床屋の鏡を割ってしまいます。「どうしてくれるんだい」と言う床屋に「なに心配いらねえ、割れても末に買わんとぞ思う」お馴染のサゲに、思わず拍手をしてしまいました。

 

「子別れ(下)」 橘家文蔵

文蔵師匠の「子別れ」(別名「子は鎹」)を聞くのは初めてです。今夜の演目は「転宅」とか「寝床」と勝手に予想していましたので、意外でした。文蔵師匠演ずる熊五郎は、そのイカツイキャラにぴったりで、ひたすらカッコいいです。子どもの亀吉はどこまでも素直でかわいいし、別れた女房のお徳(亀吉の母)の、真面目な働き者ぶりを見事に演じ分けていました。途中なぜか、じわっと涙が滲みました。

オープニングトークは聞こえにくかったですが、落語の部分は充分楽しめましたので、その旨を伝えようとTwitterを開いたら、もうすでにそう発言している方々がいました。私だけでなくみなさんそうだったのですね。

これからの落語は、平時で観客入りでも、有料生配信になる予感がしました。


 

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ