私の秋レシピ

我が家の定番は、なすグラタンと疲れ取りジュース

春ちゃん
2019/11/15 6

ハルトモライターの皆さんから、秋のレシピを大募集。春ちゃんさんは、なすをふんだんに使ったグラタンと、疲れ取りにぴったりの手作りジュースです。

なすグラタンと疲れ取りジュース
【目次】
  1. 我が家の定番レシピ
  2. <秋なすグラタンと手作りジュース>
  3. <しそジュース>
  4. <梅ジュース>

我が家の定番レシピ

私は残り物や忙しい中で、手間も時間もかけない主義。
定番レシピながら、ミニ畑で夫が作る野菜を利用するので飽きが来ないよう、いろいろ工夫するのも楽しみの一つなのです。ジュースも少し体にいいものを手作り、10年ぐらい飲み続けています。いつしか決まった食事でも、体が欲しくなるのは定番だからかもしれません。

<秋なすグラタンと手作りジュース>

【2人前の材料】
・なす中4個
・味噌 砂糖 みりん マヨネーズ、とろけるチーズはお好み少々。

【作り方】
1)一個のなすを4等分をさらに横薄切り、4個分を水でさらしておく。
2)さらしたなすを味噌、砂糖、みりんで炒める。
3)グラタン皿に炒めたなすを並べ、マヨネーズ、とろけるチーズを散りばめる。
4)レンジで10~15分位い。(焦げ目はお好みで)

<しそジュース>

【材料】
・赤青しそ半々は両手で包みこむ量。 
・お酢、砂糖はお好み。

【作り方】
1)赤青しそ半々を、保存する入れ物の量より、水をコップい1杯分多く。
2)鍋でしそを煮込み終ったら、しそを取り出す。
3)煮込み終わった後汁の中に、お酢と砂糖を入れ、さらに2~3分煮込む。
  (お酢と砂糖をお好みに入れる内、たちまちきれいなピンク色に変わる)
4)さましてから、保存用の入れ物に入れ。冷蔵庫で保存。

真夏には、氷を入れ、風呂上りの一杯は、しその香りの涼しさで疲れも取れ、秋には、氷無しでも、充分にしその香りで癒されます。

<梅ジュース>

【材料】 
・らっきょの素で漬けた梅汁。

【作り方】
!)梅をらっきょ漬けの素でつけた汁を保存したもの。
2)梅汁をコップ4分の1位の中に水で薄める。
梅の香りとらっきょの香りのミックスの味は、手作りではなくては味わう事の出来ない、香りと飲みやすさは自己流ながらも、我が家の定番なのです。

疲れを取り、秋の涼しさに欠かせない私の手作りのしそと梅ジュウスは、作る楽しさと飲む楽しさもあり、私にとって、季節に取れるもので、我が家だけで楽しめる定番は時には、自慢でもあるのです。

春ちゃん

埼玉県 /73歳
埼玉県 /73歳

高校卒業後、会社で5年働きました。24歳で結婚し今年48年目を迎え、現在は夫、長男と3人家族で住んでいます。子育てとパートをしながら習った易学で、埼玉の「占いおばさん」として、人に寄り添いながら占い活動をしています。床についてからもできるので、エッセイを書くのが趣味。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ