古い帯や着物を活用しましょう

【着物リメイク】お正月飾りのワークショップ

公開日:2023.10.09

仲良しグループの皆さんと一緒にお正月飾りを作ってきました。今日はその時の様子をご紹介します。古くなった帯や着物の活用法として、ご参考になればうれしいです。

【着物リメイク】お正月飾りのワークショップ
不要になった帯、着物、帯締めなどを使ったお正月飾り

土台を作りましょう

こんにちは。今年(2023年)も残すところあと3か月。1年あっという間ですね。

先日仲良しグループさんからお声掛け頂き、皆さんと一緒にお正月飾りを作ることに。

土台の帯に帯締めや水引、その他のパーツをのせて完成となりますが、簡単に土台の作り方をご説明します。

今回は1本の帯を縦横半分ずつ4等分にカットしたものを使いました。

周りはミシンでステッチしています。

土台を作りましょう

  1. 土台になる帯パーツを、半分より少し後ろが長くなるように2つ折り。さらに上の部分を半分ぐらいのところで山折にして、2つ折りにした少し下まで持ってくる。
  2. 手前を少しずらす。
  3. 4枚重なっている所をリボンを作るように折り、輪ゴムで軽く留める(2重くらい)。
  4. 後ろ側になっている部分を表にくるりと持ってくる。
  5. 3の輪ゴムに通す。

これで土台の完成となります。

帯の長さや模様によって変わってきますが、お好みで大丈夫です。

帯を選びます

まずは皆で土台の帯選び!

色や柄、光沢があるものや刺繍があるものなどさまざまですので、この時は皆さん真剣に悩みました。

帯を選びます

帯締めで差し色を

土台が決まったら帯締めを選びます。

この帯締めの色によってかなり印象が変わるので面白いですね。

帯締めで刺し色を

帯締めは、土台に巻きつけた輪ゴムに通したり、巻き付けたりしてお好みの形に整えます。

帯締めで刺し色を

帯締めで刺し色を

帯締めで刺し色を

形が整ったら輪ゴムの部分を帯締めごと紐でぎゅっと縛ります。これでしっかりと固定されます。

水引を整える

さらに水引をのせていきます。水引はグルーガンを使って形を作りますが、今回はグルーガン初体験の方が3名いらっしゃいました。

最初は緊張気味でしたが、あっという間に慣れて上手に。

水引は90cmの長さのものを10本ほど使っています。

水引を整える

水引を整える

水引を整える

パーツを乗せて完成

花のパーツを作り、さらにさまざまなパーツをのせて仕上がりとなります。

パーツを乗せて完成
小さな土台に着物生地を刺して花パーツ作り

今回は留袖の比翼で作った白い花、フェイクの松、南天、帯で作った小さなパーツなどなどいろいろ使っています。

隙間なくパーツを飾り、後ろに紐を付けたら完成です。

どんどん華やかになり、皆さんそれぞれ素敵な作品が仕上がりました。

パーツを乗せて完成

パーツを乗せて完成

パーツを乗せて完成

パーツを乗せて完成

パーツを乗せて完成

最後に記念撮影。

パーツを乗せて完成

選ぶ帯や帯締め、パーツによって印象がかなり違いますね。

華やかなものやモダンに仕上がったものなど、世界に一つのお飾りになりました。

百円均一ショップやネットショップなどのパーツを使うのも良いですね!

今回は帯を4等分にしましたが、次回は1本をそのまま使ってチャレンジしようかと思っています。

本日もありがとうございました。

■もっと知りたい■

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加