知識が身に付く!大人の雑学クイズ・6

【大人の雑学クイズ】たくさん歩くほど健康にいい?

公開日:2020/12/27

1

50代以上の女性が知っておきたい知識を、クイズ形式でご紹介する連載コーナー「知識が身に付く!大人の雑学クイズ」。今回のテーマは、ウォーキング。健康にいい歩数の目安と効果的なウォーキング方法を紹介します。

大人の雑学クイズ:たくさん歩くほど健康にいいって本当?
大人の雑学クイズ:たくさん歩くほど健康にいいって本当?

健康寿命を延ばすには8000歩がベスト!

ウォーキングをするときに、歩数や運動量の目安が気になる人も多いのではないでしょうか。

以前は「目指すは1日1万歩」など、歩数が多いほど健康に効果があるといわれていました。

しかし、20年にわたって運動量と病気予防の関係性を研究してきた、東京都健康長寿医療センター研究所・青栁幸利さんによると、8000歩以上歩いても運動の健康効果は頭打ちで変化は見られないそう。

よって、クイズの答えは「×」が正解です。

ウォーキングの健康効果を高める歩き方とは?

ウォーキングの健康効果を高める歩き方

ただし、同じ歩数でもダラダラ歩くと健康効果が薄くなってしまいます。強度をアップさせるために取り入れるのが、速歩きです。歩数はウォーキングの「量」の目安、そして速歩きの時間は「質」の目安になります。

青栁さんによると、「1日7000歩/15分速歩き」で動脈硬化・がんを予防、「1日8000歩/20分速歩き」で高血圧症・糖尿病・メタボリックシンドロームなどを予防できるそう。

その他にも、ウォーキングをするタイミングなどを工夫することで、さらに健康効果をアップできます。

健康効果を高めるためにもっとも大切なのは、毎日継続すること。これまで体を動かしてこなかった人が急にたくさん歩くと、疲労により免疫力が低下することがあるので、まずは1日4000歩を目標に始めて、徐々に歩数を重ねてみましょう。

▼ウォーキングで健康効果をアップするポイント

  1. 快眠のため朝より夕方に
  2. 継続が大切!2か月続ければ長寿遺伝子が活性化
  3. 運動不足の人は無理せず4000歩から始めよう

 

■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ