放置しない!下肢静脈瘤を自分で治す&防ぐ#4

医師が解説!「下肢静脈瘤」保険適用の2種類の治療法

公開日:2023.04.08

更新日:2023.09.17

50代以上の約6割の人が発症するという下肢静脈瘤のセルフケア方法や予防法を医師の広川雅之さんに伺う企画。最終回は、治療方法についてです。保険適応でできる2種類の治療について、費用も含めて詳しく教えてもらいます。

教えてくれたのは、広川雅之(ひろかわ・まさゆき)さん

教えてくれたのは、広川雅之(ひろかわ・まさゆき)さん

お茶の水血管外科クリニック院長。1987年、高知医科大学卒業。ジョンズホプキンス大学留学、東京医科歯科大学血管外科助手などを経て、2005年から現職。東京医科歯科大学血管外科講師、日本静脈学会理事も務める。著書に『血管の名医が教える 下肢静脈瘤の治し方』(KADOKAWA刊)など。

血管内治療で改善!保険適用なので費用も安心

血管内治療で改善!保険適用なので費用も安心

むくみなどの症状がつらい、進行して皮膚炎を起こしている、セルフケアで改善しない、見た目が気になる……そんな場合の下肢静脈瘤は、治療を検討します。

「下肢静脈瘤の治療はこの10年ほどで大きく進歩しました。『血管内治療』『硬化療法』『手術』に大別されますが、主流は血管内治療。細い管を静脈に入れるだけなので体への負担が小さく、局所麻酔をするので痛みもありません。日帰り治療ができます」とお茶の水血管外科クリニック院長の広川雅之(ひろかわ・まさゆき)さん。

血管内治療は、伏在型静脈瘤が対象。現在最も多いのはレーザーや高周波電流でコブのある静脈を焼いて固める「血管内焼灼(しょうしゃく)術」ですが、2019年には「グルー治療」という新しい方法も健康保険で受けられるようになりました。...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

雑誌「ハルメク」

女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ