年末年始に太った分は1月中にゆるっと痩せる

正月太り解消ダイエット!簡単運動と食事法のやり方

2020/01/04

18

簡単にできる正月太り解消ダイエットの方法について解説します。ダイエットエキスパートの和田清香さんに、お正月太りを解消する運動&食事法を聞きました。

正月太り解消ダイエット

正月太りしてしまう原因&予防するコツ

正月太りの原因と予防するコツ

正月太りの原因と予防するコツを知っておけば、体重の増加も最低限に抑えることができます。

【原因1】糖質の多い正月料理
おせち料理はヘルシーに見えて、意外と糖質が多いメニューなので注意が必要です。特に、栗きんとんやだて巻き、黒豆など砂糖をたっぷり使った料理は少なめに食べるのがポイント。お雑煮のお餅も、半分にカットするなど量を減らしましょう。

【原因2】ダラダラ食べと残り物消化
年末年始は通常の食事以外にもテレビを見ながらダラダラながら食いをしてしまったり、余ったごちそうやおやつを捨てるのがもったいないからと食べてしまったりしていませんか? 食べる時間や量はあらかじめ決めておくとよいでしょう。

【原因3】お酒の飲み過ぎ
お酒のカロリーはもちろん、アルコールによって食欲が増してしまいます。飲み続けて深夜に〆を食べていては、太るのは当たり前。どうしても食べたくなったら、炭水化物ではなく糖質の低いお肉やお魚などがおすすめです。また、ビールや日本酒は糖質が多くカロリーが高いので、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒をチョイスして。

【原因4】生活習慣の乱れ
家でダラダラ過ごし、運動量が減少。夜更かしやシャワーで済ませるなど、太りやすい生活習慣に。初詣や初売りに行くときは、ウォーキングを意識しましょう。ひじを後ろに大きく振って肩甲骨周りを刺激し、脂肪燃焼に関わる褐色脂肪細胞を刺激させて、目指せ痩せ体質!

ちょっとだけ意識すれば太らない!正月三が日ゆるダイエット

正月三が日ゆるダイエット

今年の正月は、激太りを防ぐために、「三が日もゆるくダイエット」してみませんか? 運動は、テレビを見ているながら時間を利用すると続けられます。

■食事
夜の食事は少なめにし、寝る3時間前には終わらせる

■運動
テレビを見ながら膝をしっかりとあわせて太ももを引き締める。歯磨きしながらかかとの上げ下げをし、脚の筋肉を鍛える

正月太りは1月中にリセット!

太った体形

太った自分の体形が当たり前になってしまうと、体重を戻すためのダイエットもおっくうになってしまいます。体が重くなったな……という違和感があるうちに即行動することが大事!

正月が終わったら、怖がらずにきちんと体重計に乗って何kg増えたかをまず自覚しましょう。1月中にリセットするのを目標にすると、無理なく痩せることができます。

また、ダラダラ食べる、飲む、夜更かしをするなどの悪い習慣は早めに改善しないとそれが当たり前になってしまいます。正月はあくまでも非日常。三が日を過ぎたら、体も気持ちもビシッと引き締めていきましょうね!

正月太りを解消する4つのダイエット法

ダイエット食事

食事や適度な運動はもちろんですが、1月中に痩せるとダイエットする意識を持つことも大切です。

■【正月太りダイエット1】タンパク質を取り入れた食事
朝食にタンパク質を取り入れると腹持ちがよくなると同時に、代謝アップに役立ちます。卵や納豆をプラスしてもいいですし、飲み物にプロテインパウダーを活用するのも手軽。

逆に減らすべきは糖質。特にパン類、麺類、お菓子などは少量でも糖質とカロリーが高いので注意してくださいね。

■【正月太りダイエット2】筋肉をつける簡単運動
50代女性は筋肉量が落ちて痩せにくい状態なので、筋肉を鍛えることも必要です。スクワット、ソファに浅く腰掛けて脚を浮かす腹筋、プランクなどが◎。テレビCMの時に必ず行うルールにすれば続けやすいでしょう。
 

<プランクのやり方>

プランクのやり方

1    両ひじと両ひざを床につける
2    両ひざを伸ばし、ひじから下で補助的に体を支える
3 お腹が落ちず腰が反らない「真っすぐな背中ライン」を意識しながら、そのまま20秒キープ
 

■【正月太りダイエット3】タイトな洋服でウエストマーク

タイトな洋服でウエストマーク

家にいる時に楽だからと、ウエストゴムの洋服を着ていませんか? 太ってしまった体を意識するため、食べ過ぎると窮屈に感じる少しタイトなスカートやパンツを着用しましょう。

その時に、お腹周りの筋肉を効率的に鍛える「ドローイン」を同時に行うとより効果的。お腹をへこませた状態をキープするだけの簡単なエクササイズですが、総合的にお腹周りを鍛えることができます。

タイトな服で常にお腹に緊張感を持たせ、ドローインを日常に取り入れてみてください。

■【正月太りダイエット4】健康的に暮らす
3日間で諦めてしまうようなつらくストレスを感じるダイエットは、体だけでなく精神的にもマイナス。自分のライフスタイルに取り入れやすく、少しずつでも続けられるダイエットを見つけましょう。

精神的に負担のない健康的な食生活や運動を続けていくと、「きちんと自分をいたわってあげている」と感じポジティブな気持ちになります。楽しむことで気持ちよく続けられ、結果的に太りにくい体質づに!

太ってしまった分はすぐにダイエットすることでリカバリー可能です。お正月はおいしい料理とお酒を楽しんでくださいね!
 

監修=和田清香 文=梅津美希 編集=鳥居史(ハルメクWEB)


50代向けダイエットを教えてくれたのは?

和田清香

和田清香
ウェルネス&ダイエットエキスパート

これまで350種類以上のダイエットにトライし、自身も15kg痩せることに成功。NYではボディメイキングとビューティー全般を学び、ライセンスも取得。
雑誌、テレビ、セミナーなどに多数出演するほか、健康美関連商品の開発も手がけ、『30秒でスッキリ!壁トレ 体を動かすのが好きになる!』!(ナツメ社刊)など著書も多数。現在は洗足音楽学園大学ダンス科でボディコンディショニングの教鞭も執る。

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も! https://halmek.co.jp/

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ